Entertainment

福原愛さん「いつでも消される準備を」と警告!?/加藤紗里、へびのタトゥー大写し

 今年でアニメ化50周年を迎える『ルパン三世』。 10月9日スタートの『ルパン三世パート6』で、次元大介の声優が小林清志から大塚明夫に交代することが発表されました。二代目・次元の新たなシブさに注目です。  では、今週も振り返りましょう。どうでもいい芸能ニュース。

①福原愛さんに台湾識者が警告「いつでも消される準備を」中国で“不徳芸能人”粛清中

東スポWeb 9/7(火)ほか
 現在、中国での活動がメインの福原愛さんに、心配の声が上がっています。  台湾のコメンテーター、許聖梅氏によると、女性問題や金銭問題などで中国政府から“不徳芸能人”とマークされた俳優やタレントが、表舞台から姿を消しているのだそう。  一方、台湾人の夫親族からモラハラを受けていたという福原さんは、「中国そのものも福原愛を宣伝ツールに利用している」ので、好意的に受け入れらているのではないかと分析。しかし、それもいつまで続くかは不明で、不倫騒動が再燃すれば「中国大陸ではいつでも消される準備はしておかないといけない」と、注意をうながしていたとのことです。  半年後、そこには習近平おじさんを絶賛する福原さんの姿が、なんてね。

②加藤紗里 蛇タトゥー大写しインスタ左腕にもタトゥー「小悪魔」「かわいい」

デイリースポーツ 9/5(日)ほか
 加藤紗里が5日までに自身のインスタグラムを更新。右腕の蛇のタトゥーと別の柄が掘られた左腕のタトゥーを公開しました。  そでがまくれた部分からは、蛇腹まで細かく描かれた蛇のタトゥーと、ユリの紋章をモチーフにしたタトゥーがあらわに。フォロワーからは、「タトゥーが似合っていて甘辛な雰囲気」とか「小悪魔みたい」なんてコメントが寄せられていました。  炎上させるには、ちょい意外性に欠けたかな。
次のページ 
斎藤工に大物文化人が「大腸のことしか考えてない」
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ