Entertainment

2.5次元俳優・高崎翔太のファンへの思い「胸を張って“推し”と言ってもらいたい」

仕事のモヤモヤは仕事で解消する

高崎翔太さん――どう打開していったのですか? 高崎:売れるまでは辞められないなと思ったんですよね。これだけ追い込まれれば、いつか売れるだろうって(笑)。「高崎の作品なら観たい」「高崎が出るなら撮りたい」「高崎が描くなら絵を描いてほしい」と言ってもらえて、かつ自分がやりたいときにできるようになりたいなと。それができる実力や知名度をつければ、楽しいだろうなと思ったんです。 ――気分を上げるためのコツみたいなものはありますか? 高崎:仕事の不満は仕事で消すことですかね(笑)。仕事で感じているモヤモヤって、仕事で解消するしかないと思うんです。おかげで努力してオーディションに受かって、いわゆるキラキラした作品に出させていただけるようになり、ある程度、映画やドラマができるようにはなってきたんですよね。 ――なるほど。仕事のモヤモヤは、趣味など他のことでは解消できないと。 高崎:たぶんなのですが、僕の場合、遊んで何かを解消しようとしてもそれは逃避にしかなっていないというか、もとが解決していなければ「何をやっているのオレ?」って我にかえってしまうと思うんです。それは今でもそう思います。  ツラかろうが何だろうが、頑張ってやるしかない。なので、ネガティブな感情は、今はあまりないですね。辞めるとか副業するとかは全然考えていなくて、むしろ役者だけで頑張っていこうと思ってる過程に、今回の舞台もあるという感じです。

ファンはライバルのような存在

From Hello Kittyーー今回の作品では、いちごの王さまというサンリオのスピリットを体現する重要な役を演じられています。 高崎:この作品も見た目はキラキラかわいいのですが、ちょっとでも何かを残せるように頑張りたいと思っています。それはスタッフさんへでもいいですし、何か残して、その積み重ねが大切だと思いますね。 ――ファンのみなさんは、どういう存在ですか? 高崎:裏切れない存在ですね。僕にはキツい時期からずっとついて来てくれるファンの方もいて、その人たちのおかげで緊張するというか、胸を張って「ずっとファンでした」と言えない環境になってしまうことはツラいです。たとえば新しい2.5次元の作品にはその子たちは観に来てくれると思うのですが「あれが推してきた高崎翔太だよ」と言ってもらえるように取りくんでいるので、緊張するんですよね。 ――ファンが求めている高崎さんを見せている? 高崎:それを更新している感じですね。ファンが自信を持って友だちを連れて来れるような存在でありたい。なのでライバルのような存在ですかね。
次のページ 
ファンの期待値を超えていきたい
1
2
3
Cxense Recommend widget
【読者プレゼント】
高崎翔太さんサイン入りチェキを1名様にプレゼント
〆切:9月24日(金)
①「女子SPA!」ツイッターアカウント(@joshispa)をフォロー
②プレゼント告知の投稿をRT→応募完了

※当選された方にはTwitterのDMにてご連絡し、プレゼント送付先をお伺いいたします。
※DMを受け取れる設定にしておいてください。
※抽選前にフォローをはずすと対象からはずれてしまうのでご注意ください。
※同一の方の異なるアカウントでの複数当選は無効とさせていただきます。
※当選者から頂いた個人情報は、プレゼント送付以外の目的では使用致しません。


あなたにおすすめ