News

たけし襲撃、純烈リーダーへの脅迫…芸能人が襲われた6つの事件を振り返る

菊池桃子 元タクシー運転手から2度ストーカー被害

 歌手・タレント・客員教授とマルチに活躍する菊池桃子(53)は、2018年にストーカー被害に遭っています。犯人は、菊池を自宅まで送迎したことのある当時57歳の元タクシー運転手の男でした。  男は菊池の自宅を知ってから交際を求めるメールを事務所に送ったり、自宅まで押しかけるようになったといいます。男は、同年3月にストーカー規制法違反の疑いで逮捕。その後は接近禁止命令が出ていたものの、1回目の逮捕から3か月後に再びつきまとい行為におよび、2度目の逮捕となりました。  男は懲役1年、執行猶予4年の判決を受けています。2度も犯行に及んでおきながら、実刑判決が出なかったことには疑問の声が上がりました。

中川翔子 複数のストーカーから長年にわたって被害

 タレントで歌手の中川翔子(36)は、2021年に自身のYouTubeチャンネルで、長年ストーカー被害に遭っていることを告白。  2018年には中川をストーカーしていた当時33歳の男がストーカー規制法違反の疑いで逮捕されていますが、その後も別の人物によるストーカーが続いているといいます。  過去には自宅マンションのエレベーター内で腕をつかまれたり、盗撮や盗聴の被害に遭った経験があるという怖い体験もした中川。猫を飼っている彼女は引っ越しも容易ではなく、プライベートは安全に暮らしたいと胸の内を吐露していました。 ============  以上、過去に起きてしまった芸能人への加害事件を振り返りました。最近ではネット上での誹謗中傷や犯行予告が向けられることもあり、今も昔も物騒な世の中ですよね。  表舞台に立つ芸能人とはいえ、普段は一般人と同じく生活をする普通の人間。安全な環境で暮らせる日々が永遠に続くよう願います。 <文/るしやま>
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ