Gourmet

ローソンのレトルトカレー、美味しいのはどれ?ちょっと残念な商品も正直レビュー

4位以降のお味も本音レビュー

 4位以降は、正直なところリピート率は高くないかもしれません。  キーマは決してまずくはなく、ほっくり豆感はあるものの、ひき肉カレーのおいしさとしては印象的なレベルには至らず。残りのレッドやグリーンは後味がイマイチで、爽やかな辛さのあとに欲しい爽快感が弱く感じました。  もしかすると、インドカレーよりもタイカレーの方がレトルトパウチにした場合に、香りや風味の維持が難しいのかもしれません。これはセブンやファミマでも比較してみましたが、正直満足のいく商品はありませんでした。
グリーンカレーをローソン(左)とセブンイレブン(右)で比較。ローソンの方がだいぶ辛く、セブンは香草感が強い。いずれも苦味のような後味が気になった

グリーンカレーをローソン(左)とセブンイレブン(右)で比較。ローソンの方がだいぶ辛く、セブンは香草感が強い。いずれも苦味のような後味が気になった

スパイスカレーが300円弱で買える幸せ

 コスパを考えると、いずれにせよこんなにも手の混んだスパイスカレーが300円弱で買えるというのは幸せなことだと思いますし、ストックしておくと選んで食べるのも楽しみになりますよね。
セブンイレブンのカレー商品。「もちもち食感のミニナン」は159円(税込)

セブンイレブンのカレー商品。「もちもち食感のミニナン」は159円(税込)

 わがままを言えるのであれば、セブンイレブンのように「ナン」を販売して欲しいなということ。カレーライスとは違う世界観が自宅で簡単に味わえるのであれば、今のストレスフルな日々を、スパイス効果で爽やかにしれそうな気もします。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます <文・写真/食文化研究家 スギアカツキ>
スギアカツキ
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ