Entertainment
Love

知人の出産の話題がつらい…“レス妻”のリアル。松本まりか『それ誓』で力演

再婚して「素の自分と素の夫が向き合っている」

 夫婦のセックスも含めての生活が「家庭」なのだ。家庭を作っている夫婦が、性について話せないのがおかしいと、今のミハルさんは考えている。  恋人時代には会えばしていたセックスが、なぜ結婚すると「特別なもの」、もしくは「子どもを作るためだけのもの」になってしまうのか。ふたりの心の交流と同じくらい、肉体的な交流も大事なはずなのに。 夫婦「結婚すると、妻はどこか夫に遠慮が出てくるのかもしれませんね。夫だから立てなきゃとか、妻は控えめにとか、そういう世間体や従来の価値観に振り回されてしまう。もっと個人と個人が一緒になったのだから言いたいことを言い合ってもいいのに。そういう意味で、何でも言える今の結婚は気が楽だし、素の自分と素の夫が向き合っている気がします」  そんな再婚相手に巡り会えたミハルさんは、「夫とはけんかもするけど、いちばん信頼している相手」だとニッコリと笑った。 <文/亀山早苗> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
亀山早苗
フリーライター。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数。Twitter:@viofatalevio
1
2
3
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ