Entertainment

ハラミちゃん紅白内定に賛否が噴出。うまいかヘタか、が話題になる不幸

うまいかヘタか、が話題になる不幸

 そんな状況からして、ハラミちゃん人気というのは、なかなか複雑な現象なのだと思うのです。彼女に否定的な人たちの意見を見ても、“言うほど上手くない”とか、“ちゃんとピアノをやってきた人からみたら雑”というものが多いからです。つまり、賛否いずれの側も、上手か下手か、正確か不正確かが議論の中心になってしまう。それは、本来なら音楽の本筋ではないはずなのに。

“上手”とほめられなくなるハラミちゃんに期待!

 だって、本物のプロに“上手だね”なんて褒めたら逆に失礼でしょう? 超一流の料理人にむかって“料理うまいんですね”なんて言ったら、怒られるかその店を出禁になるかです。音楽もそれといっしょ。
ハラミ定食 DX ~Streetpiano Collection~「おかわり! 」(CD+DVD)

『ハラミ定食 DX ~Streetpiano Collection~「おかわり! 」』(CD+DVD、avex trax)

 でも、いまハラミちゃんに起きているのは、そのチョー失礼にあたることなのです。誰も彼女のピアノを表面的に讃えることに後ろめたさを感じないし、今回紅白出場の後押ししたのも、そういう世間の声だったのでしょう。  もちろん、ハラミちゃん自身は何も悪くありません。でも、日本が誇る公共放送による最大の音楽番組が、それでいいのか? あんまりマジになるのも無粋だとは思いつつ、やっぱりスッキリしないんだよなぁ。 <文/音楽批評・石黒隆之>
石黒隆之
音楽批評。カラオケの十八番は『誰より好きなのに』(古内東子)
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ