Entertainment
Human

柴咲コウが語る農業の魅力「自分が食べるものくらい作れるようになりたい」

YouTubeでは農業は環境問題について発信

――柴咲さんは現在、環境問題や農業にも関心があるそうですが、何がきっかけで興味を持ったのですか? 柴咲:特に大きなきっかけがあったわけではないのですが、昔からそういう自然に触れることが多かったからだと思います。あとは好奇心ですよね。知りたいと思ったことはそのままにしないで、いろいろと調べたりするようにしています。 ――今、一番興味があることは何ですか? 柴咲:YouTubeでもその様子を発信していますが、先生に教わって畑いじりをしています。 ――動画を拝見していて、未経験だと楽しそうだなと思う反面、継続してやることは大変なことも多そうだなとも思いました。 柴咲:ありがとうございます。農業に関しては、作る側と消費する側が、完全に分離しちゃっているんだなと思いますね。自分が生きるために食べることは必須なのに、そこにまったく触れないで生きてきていることを、わたし自身が以前、反省したんです。せめて自分が食べるものくらいは作れるようになりたいなっていう想いはあったのですが、いつできるかなとずっと思っていて、ようやく叶ったところなんです。

美容の秘訣は「気持ちいいと思えるものを取り入れること」

柴咲コウさん――美容についてなのですが、心身ともに健康でいるためには、どういう心がけをしていますか? 柴咲:それは人それぞれのところがあると思うのですが、わたしは、わたしが気持ちいいと思えるものをとり入れています。それがわたしの場合、たとえばたくさん寝ることなんです。自分にとってどういうものが最適か、それを知ることが大事だと思います。誰かと比べてどうするとか、誰かが言ったからそうするのではなく、最適なものを探すことが大事。 ――ご自身は睡眠が一番よかったのですね。 柴咲:睡眠が一番わかりやすいんですよね(笑)。どれくらい寝たら気持ちいいとか、起きたときのコンディションでもわかるので。 ――変わらない美については、どういう努力をされているのですか? 柴咲:スキンケアですね。化粧品がこれからリリースされるのですが、本当に自分が使いたいと思うものを作りました。ただ、美は変わるものだと思うんです。赤ちゃんのときのようにはいられないし、10代のころのようにはいられませんよね。変わらないことが本当に一番美しいことなのかなとも思いますよね。
次のページ 
柴咲コウが語る、ストレスへの対処法
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ