Lifestyle

3歳で天国へ…私をキャットシッターに導いてくれた亡き愛猫・りあん

今日のにゃんこタイム~○○さん家の猫がかわいすぎる Vol.62】  猫と人は種が違うからこそ、時には互いの気持ちがすれ違い、溝ができてしまうことも……。そんなとき、悩みを受け止め、双方がハッピーになれるアドバイスを贈っているのがキャットシッターの谷沢澄江さん(@TANNIE_STYLE)。
自宅では3匹の愛猫と生活中

自宅では3匹の愛猫と生活中

 谷沢さんは東京で「キャットシッターりあん」を営み、留守番サポートだけなく、訪問介護や猫に関する相談室を設けるなど、猫と人がより快適に暮らしていけるサービスを提供しています。  谷沢さんが、これほどまでに人と猫の絆を大切にする理由。それは、3歳で亡くなった愛猫りあんくんと過ごした日々があったからでした。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます

里親募集サイトでキジ白の子猫にひと目惚れ

image8 2012年。猫飼育可物件への引っ越しを間近に控えていた谷沢さんはある日、里親募集サイトでキジ白の子猫にひと目惚れします。その子は交通量の多い路上にいたところを保護された野良猫でした。 「保護主さんのご自宅にはワンちゃんがいて、ご家族が猫アレルギーだったので里子に出すことにしたそうです」  新居に移るまでの間、保護主さん宅で大切に育てられた子猫は「りあん」という名前を貰い、谷沢さん宅の子になりました。  りあんくんはおうちにやってきた当日から、コタツでスヤスヤ眠った大物にゃんこ。好奇心旺盛で、子猫時代にはカゴの中に収納してあるたくさんのおもちゃの中から遊びたいものを自分で選別し、持ってきては走り回っていたことも。  食べることも大好きで、谷沢さんが自動給餌器をセットして遠方に行ったときにはフードの排出口に手を突っ込み、取り出そうと試行錯誤。 「なぜか麩菓子が大好きで、私が食べているとすごい勢いで襲われました(笑)」

2歳でFIPを発病

image7 微笑ましい日々が一転したのは、りあんくんが2歳を過ぎた頃のこと。 「食事中、頭を振るような仕草を見せ、食べにくそうにしていたので違和感を抱きました。これまで食欲が落ちたことがなかったのに、ご飯を残してもいて」  心配になり、即病院へ。初め原因は分かりませんでしたが、1ヶ月半ほど経った頃、FIP(猫伝染性腹膜炎)だと診断されました。  FIPは猫腸コロナウイルスが猫の体内で突然変異し、発症するとされている病気。完治が難しく、命を落としてしまうことも少なくありません。最近では無認可の治療薬を用いて寛解を目指す飼い主さんも増えてきていますが、高額であるため、治療を諦めざるを得ない場合もあります。  りあんくんが病気を発症した当時は無認可の治療薬もなかったため、谷沢さんは何件も病院をまわり、ようやく信頼できる獣医師と出会え、投薬治療を開始。
次のページ 
闘病中に飼い主さんが心掛けたこと
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ