Fashion

ユニクロ×マメクロ、話題の「ハイネックセーター」を徹底レビュー!美乳に見せる効果も

 2021年夏にユニクロとのコラボレーションで反響を呼んだ「Mame Kurogouchi(マメ クロゴウチ)」。その第二弾のアイテムが登場しました。 「3Dリブハイネックセーター」 シンプルながら女性の身体の曲線美を魅せてくれるアイテムの中でも、この冬に活躍必至なハイネックセーターを、ファッションメディアの編集も務める筆者がレビューします。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます

エレガント&大人っぽくキマるハイネックセーター

「Mame Kurogouchi」は、デザイナーの黒河内真衣子さんが手掛けるファッションブランド。そのカッティングやシルエットのこだわりと、ユニクロの独自技術を組み合わせたのが、このコラボレーションです。  お洒落さと快適さを兼ね備え、しかもこなれた価格なのがうれしいっ! さっそく着心地をご紹介します。
「3Dリブハイネックセーター」3990円(税込)。カラーバリエーションは、01 オフ ホワイト、04 グレー(明るめ)、06 グレー(暗め)、09 ブラックの4種

「3Dリブハイネックセーター」3990円(税込)。カラーバリエーションは、01 オフ ホワイト、04 グレー(明るめ)、06 グレー(暗め)、09 ブラックの4種

 着たのは「3Dリブハイネックセーター」(税込3990円)の01 オフホワイト。カラーはほかにグレー(明るめ)、グレー(暗め)、ブラックがあります。筆者は、身長160cm、BMI19.4(普通体重)でMサイズを選びました。まずは裾をインして着てみました。  パッと見の特徴は、フレアになった袖口。袖口にかけて広がるデザインなので、肩から手先にかけて美しいラインに見せてくれます。

立体的な編み方で女性の曲線美を強調

立体感がもっともよく分かるのが肩口。複雑な編み目です

立体感がもっともよく分かるのが肩口。複雑な編み目です

 それからこのニット、編み方に特徴があります。日本発の「ホールガーメント(無縫製)」という技法を使っているのです。  一般的なニットは前身頃、後ろ身頃、袖などパーツをそれぞれ作って縫い合わせますが、ホールガーメントでは1着まるごと編み上げます。縫い目がないので着心地がスッキリしていて、シルエットも立体的になるのです。  着心地のすっきり感……は、実際のところあまり感じませんでした。
次のページ 
身体にフィットして美乳に見せてくれる
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ