Fashion

無印良品「巻く毛布マフラー」が最高!990円でヌクヌク天国へ

 気象庁によると、この冬の関東地方は、厳しい寒さと乾燥に注意が必要とのこと。どうりで、毎日ブルブルと凍えているわけだと思いましたよ。とにかく寒い! 鼻が赤くなっちゃう。特に朝、布団から出るのがツラ過ぎません? できることなら、桜の季節までこのまま毛布に包まっていたい……。毛布のヌクヌク感、最高……。 無印良品の「巻く毛布」が最高!990円で天国が手に入る。見た目もオシャレ なのだけれど、毛布に包まったまま生活するのは難しいし、外を歩いたり、人と会ったりすることは現実的ではありません。というか、できない。えっ? うそ、できるの? もちろん、全身ではありませんが、寒さを感じやすいあの部分に“巻いて”外出できる毛布があるってご存じでしたか?

無印良品で「巻く毛布」を発見!

 これまで、無印良品といったら食品売り場へ一直線だった筆者。レトルト食品や菓子類を物色しては買い込んでいたのですが、先日、偶然通りがかった衣料品売り場でこんな商品を見つけました。
「あたたかファイバー巻く毛布 マフラー」(990円/税込)

「あたたかファイバー巻く毛布 マフラー」(990円/税込)

「あたたかファイバー巻く毛布 マフラー」(990円/税込) サイズ:92×14cm 仕様・混率:ポリエステル100% サイズ:92×14cm「巻く毛布」って! 今、まさに心の底から欲しいと望んでいた商品ではありませんか。と言っても、マフラーなので、包んでくれるのは“首まわり”のみですが。  でもでも、これって見た目からして、“リアル毛布”ですよね? 毛布をマフラーサイズに裁断した感じ。
軽くてホワホワで毛布そのもの

軽くてホワホワで毛布そのもの

 触れてみると、軽くて、ホワホワとしていて、暖かで……。まるで、自宅で使っている毛布そのもの。  気になって調べてみたところ、筆者が毎日お世話になっている毛布と同じ、マイクロファイバー(ポリエステルを原料とする合成繊維)素材が使われているそう。これは、完全に一致。間違いなく毛布です。  では、実際に首に巻いた感じはどうなのでしょう?

巻き方は簡単!長さもちょうどいい

首まわりだけでも、やっぱり毛布は最強だった! それでは、「巻く毛布」を“巻いて”みたいと思います。
マフラーにしては短めの92cm

マフラーにしては短めの92cm

 長さは、92cmとマフラーにしては短め。
穴の開いているほうにもう片側の先端を差し込んで着用

穴にもう片側の先端を差し込んで着用

 ですが、うしろから首にかけ、穴の開いているほうにもう片側の先端を差し込んで着用するため、結果としてちょうどいい長さに。
ちょうどいい長さ

ちょうどいい長さ

次のページ 
首まわりだけでも、やっぱり毛布は最強だった!
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ