Beauty

コスパが高い整形/低い整形とは? 1〜2年で効果が消えてしまう施術も

コスパが悪いのは?

一方でコスパが悪いのはヒアルロン酸注入です。それも涙袋と唇はすぐなくなってしまいます。 (※体内にあるヒアルロン酸は、加齢などによって減ってくる。それを注射で入れることで、その部位はふっくらするが、半年〜2年ぐらいかけて体内で吸収されて、なくなってしまう) しかし代替治療もないので、今はヒアルロン酸に頼るしかないです。涙袋のヒアルロン酸は、素人から見ても整形感を察知する施術なので、私はあまりおすすめしません。 ヒアルロン酸 整形

整形はあくまでもお財布と相談で

きれいになりたいという気持ちは前向きで素晴らしいですが、悪徳クリニックにひっかかって、糸(皮膚の下に糸を埋め込んで引っ張り上げてリフトアップするなど)やヒアルロン酸など、1~2年単位で体内に吸収されて無くなるものに、数十万数百万をローンで払うことはやめてくださいね。 ローン96回払いで糸20本入れたけど、1年で効果が切れてしまったというエピソードはいまだに聞きますから。 あくまでも整形は一括払いで行える範囲で、ご自身のお財布と相談し、よく検討してください。 <文/平田麻梨子> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
平田麻梨子
佐賀大学医学部卒業。九州大学病院、国立機構九州医療センターで研修を受ける。2013年、湘南美容クリニック勤務、分院長を歴任。2018年より自由診療、保険診療両分野の医師として、複数のクリニックに勤務する。Instagram:@drmariko
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ