Lifestyle
Human

74歳一人暮らしの女性が実践する、“お金がなくても”人生を豊かに過ごすコツ

 生きるのに一番大切なのは何だろう。こう自分に問いかけたくなる『74歳、ないのはお金だけ。あとは全部そろってる』(すばる舎)。著者は牧師のミツコさん。現在74歳、公営住宅でひとり暮らし、収入は月7万円の年金です。こう書くと、失礼ながらあまり明るいイメージは抱けません。でも本書をめくると、こちらまで心があたたかくなるのです。「幸せの98%は大変なこと」と語るミツコさんの人生論、ちょっとのぞいてみませんか。

ミツコさんという人

ミツコさん(写真は本書より、以下同じ)

ミツコさん(写真/林ひろし)(写真は本書より、以下同じ)

 ミツコさんは牧師の家庭に生まれ、若くして牧師と結婚。以後47年間、夫とともに教会を運営してきました。4人の子育てを終え、病弱だった夫を見送った2016年、ひとり暮らしを開始。今は協力牧師として週2回教会へ通い、1~2ヶ月に1回、日曜礼拝の説教を担当しているそうです。他、シルバー人材センターに登録し、週に数日働いています。  こうして見るととてもアクティブですが、無理をしない姿勢と、あくせくしていない雰囲気が伝わってきて、読んでいて清々しくなるのです。それもそのはず、シルバー人材センターで働くのは「教会への献金のため」。自分の意思をまっとうしているのです。

月7万円でのやりくり

月7万円でのやりくり 老後のひとり暮らし、というと、不安しかない、という人もいますよね。ミツコさんの生活費の内訳を本書から紹介しますと、「住居費 約6000円、社会保険料等 約4000円、水道光熱費(平均) 約8000円、通信費 約1万円、食費・雑費その他 約4万円」となっています。いかがですか。あれ、意外になんとかなるのかも、とホッとした人もいるのではないでしょうか。  ミツコさんいわく「お金がないことを嫌だなと思うのではなく、その状態を楽しんでしまいます」。ミツコさんは「花は、ごくたまに1本しか買いません。その1本の花が買えたとき、ものすごくうれしい」と語ります。私達の周囲には物があふれ、時々、ありがたみを忘れてしまいます。たくさん買う楽しみもありますが、吟味に吟味を重ねてとっておきの物をひとつ買う、そんな尊さを味わうのもいいですよね。
次のページ 
介護生活にならないために
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ