Lifestyle

筋トレ・パーソナルトレーナー資格を通信で取得できる!トレーニングサポーターなど人気資格も

 パーソナルトレーナーやスポーツインストラクターになりたいと思っても、どの資格が良いのか、そもそも資格は必要なのか……迷ってしまいますよね。
筋トレ

※イメージです(以下、同じ)

 そこで本記事では、トレーナー資格の種類、資格取得に必要な費用や期間をご紹介します。パーソナルトレーナーやスポーツインストラクターを目指す人はぜひ参考にしてくださいね。  ダイエットやボディメイクに関する知識を習得して、自分の筋トレに役立てたり、体型に悩んでいる人をサポートするトレーナーとして活躍しませんか?

筋トレ・パーソナルトレーナーの資格とは?

 健康や体力づくりのために、また理想のボディを目指すために、性別や世代を問わず筋肉トレーニング(筋トレ)に取り組む人が増えています。身体面への影響はもちろん、筋トレをすることによってリフレッシュできる点も、人気の理由のひとつでしょう。  トレーニングの効果をきちんと得るには、正しい筋トレの知識が必要不可欠です。トレーニングに慣れていない体に急に負荷をかけると、疲労が溜まって逆効果になったり、腰痛や肉離れを起こしてしまったりする恐れがあります。  そのため、正しい知識と技術を持った「筋トレの有資格者」が必要とされています。誰でも「パーソナルトレーナー」や「スポーツインストラクター」と名乗ることができますが、有資格者は現場で優遇されるのが実情です。  筋トレの資格をとるためには、主に以下のような方法があります。 ・大学や専門学校に通う ・通信講座で学ぶ ・ジムで実務経験を積み認定試験を受ける 筋トレ・パーソナルトレーナーの資格について もっと知りたい>>>

筋トレ・パーソナルトレーナーの資格を活かせる場は?

 筋トレに関する資格を取得すると、適切なトレーニング方法を人にアドバイスできるようになります。有資格者は、主に次のようなフィールドで活躍しています。

スポーツジムやフィットネスクラブに勤める

 スポーツジムやフィットネスクラブには、子どもからお年寄りまで、年齢・性別・体力などが異なる多くの人が訪れるため、担当するクラスに合わせた適切な指導が必要です。マシンの使い方の指導なども仕事内容に含まれます。

スポーツチームでトレーナーとして働く

 日々のトレーニングは、アスリートにとって非常に重要です。そのため、スポーツチームで筋トレ指導にあたるトレーナーは、高いスキルと専門知識が求められます。競技に適した指導を行い、選手のパフォーマンス向上に貢献することが仕事になります。

高齢者(シニア)向けのジムで働く

 筋トレは、高齢者の生活の質向上、転倒防止のほか、腰痛やひざの痛みの改善にも効果的です。最近は、シニア向け出張パーソナルジムやフィットネススタジオが増えてきました。加齢による筋力や筋肉量の低下などを考慮した上で、トレーニングメニューを考えることが仕事になります。

パーソナルトレーナーとして独立

 最近は、マンツーマンでトレーニング指導を行う、パーソナルトレーナーのニーズも高まっています。資格取得後はさらに専門性を高め、パーソナルトレーナーとして独立することも可能です。一人ひとりの悩みに親身に寄り添い、適切なメニューを提案できれば、トレーナーとして人気を集めることができるでしょう。

講師としてインストラクターを育成する

 パーソナルトレーナーやスポーツインストラクターを養成するスクールで、後進の育成にあたる道もあります。一般的には、トレーナーとして経験を積んだ後に、養成教室などで講師を務めるケースが見受けられます。

パーソナルトレーナーを目指す人におすすめの資格一覧

筋トレ 筋トレの資格は数多くあり、受験要件が厳しい団体もあるので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。ここからは、おすすめの筋トレ資格をご紹介します。

1. NESTA-PFT(NESTA認定パーソナルトレーナー)

 NESTA PFTは、アメリカに本拠地を置く、パーソナルフィットネストレーナーの資格認定団体・NESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)の認定資格です。  認定試験を受けるためには、満18歳以上などの要件を満たしている必要があるので、公式サイトでしっかりと確認しておきましょう。  独学でも取得できますが、パーソナルトレーナーとしての実務経験等が求められるので、筋トレ初心者にとっては難易度が高い資格かもしれません。 ▼資格取得にかかる費用 1. 認定試験コース 72,500円(以下、税込) 2. ゼミコース 120,500~168,500円 3. WEBコース 107,500円

2. NSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)

 NSCA-CPTは、アメリカに本拠地を置く、ストレングストレーニングとコンディショニングに関する国際的な教育団体・NSCA(National Strength and Conditioning Association)の認定資格です。  認定試験を受けるためには、CPR(心肺蘇生法)とAED(自動体外式除細動器)の講習を受けていること、NSCAジャパン会員であることなどの要件を満たす必要があります。 ▼資格取得にかかる費用 年会費:13,200円(必須) 受験料:46,000円(必須) 教材費:1,980~13,200円/冊(任意購入)

3. JATI-ATI(JATI認定トレーニング指導者資格)

 JATI-ATIは、日本トレーニング指導者協会が認定するパーソナルトレーナー資格です。  前提条件として「4年制大学卒業者」または「高等学校を卒業し、3年以上の運動指導に従事した経験のある者」などの学歴及び経歴が必要となります。  加えて、JATIに入会(個人正会員)したあと、養成講習会の受講&自己学習課題を提出すると、認定試験を受けることができます。  なお、認定資格の有効期限は5年間で、5年ごとに更新手続きを行う必要があります。 ▼資格取得にかかる費用 年会費:11,000円(必須) 講習費:115,500円(必須)

4. トレーニングサポーター

 トレーニングサポーターは、日本生活環境支援協会(JLESA)の認定資格です。  受験要件に年齢制限や実務経験はないので、パーソナルトレーナーに興味のある高校生・大学生も受験することができます。  資格を取得すると、筋トレの基礎知識をはじめ、トレーニングに適した食事やプロテインの選び方のほか、筋トレと組み合わせると効果的な有酸素運動やストレッチについての知識などを身に付けていることが証明されます。 ▼資格取得にかかる期間・費用 6か月(最短2か月)、59,800~79,800円

5. 筋トレインストラクター

 筋トレインストラクターは、日本インストラクター技術協会(JIA)の認定資格です。  受験要件に年齢制限や実務経験はないので、パーソナルトレーナーに興味のある高校生・大学生も受験することができます。  資格を取得すると、実践的かつ効率的なトレーニング方法のほか、ダイエット面での効果、トレーニングメニューの作成方法などの知識を持っていることが証明されます。 ▼資格取得にかかる期間・費用 6か月(最短2か月)、59,800~79,800円  ここからは、この中でも特におすすめの資格「トレーニングサポーター」と「筋トレインストラクター」を詳しくご紹介します。 筋トレ・パーソナルトレーナーの資格について もっと知りたい>>>

筋トレ・パーソナルトレーナーの資格①「トレーニングサポーター」とは?

 トレーニングサポーターは、トレーニングに必要なスキルを学び、かつそれを正確に教えることができる人に与えられる資格です。  トレーニングの道具の使い方、トレーニング前後の食事、プロテインの選び方、柔軟性を高めるストレッチなど、トレーニング全般についての知識があることの証明になります。  例えば、腰痛持ちの人には何に気をつけて指導すべきか、ダイエットしたい人にはどのような食事を提案したらいいのか、など悩みに合わせてサポートできるようになります。  資格取得後は、トレーニングサポーターとしてフィットネスジムで働いたり、出張パーソナルレッスンを行ったり、幅広い分野で活躍できるでしょう。  専門資格の有無は、トレーニングサポーターとしての信頼に関わります。就職にもプラスの働きをしてくれるため、あらかじめ取得のための勉強をしておくことをおすすめします。 ▼「トレーニングサポーター」の概要 主催団体:日本生活環境支援協会(JLESA) 受験資格:特になし 受験料:10,000円 試験日程:年6回 受験方法:在宅試験 合格率:70%以上の正答率  期日までに解答用紙を提出する「在宅試験」なので、仕事や学校に通いながらでも取得しやすい資格です。 トレーニングサポーターについて もっと知りたい>>>

筋トレ・パーソナルトレーナーの資格②「筋トレインストラクター」とは?

 筋トレインストラクターは、筋トレに関する基本的な知識が一定以上と認められた人に与えられる資格です。  部位別トレーニング方法とその注意点、悩みに合わせたトレーニング&食事メニュー作成、効率的にトレーニングを行うポイントを理解していることが証明されます。  体に筋肉をつけるには、正しい流れや手順を理解し、それにそった計画的なトレーニングが必要です。筋トレインストラクターはそういった専門的なトレーニング方法を伝えられる、重要なポジションとして働けるでしょう。  スポーツトレーナーとしても有意義な資格です。パーソナルジムに勤務したり、独立開業してレッスンを行ったりとさまざまな分野で活躍できるでしょう。  資格取得後も、クライアントの体を確認して、どのようなトレーニングが合っているのかを判断できるように知識を増やしていくことが大切です。 ▼「筋トレインストラクター」の概要 主催団体:日本インストラクター技術協会(JIA) 受験資格:特になし 受験料:10,000円 試験日程:年6回 受験方法:在宅試験 合格率:70%以上の正答率  期日までに解答用紙を提出する「在宅試験」なので、スキマ時間を活用して取得できます。 筋トレインストラクターについて もっと知りたい>>>

「トレーニングサポーター」「筋トレインストラクター」を100%取れる通信講座

 筋トレ初心者だけど大丈夫かな、覚えるのが苦手……。ひとりで資格の取得を目指すのに不安がある人は、完全個別指導の通信講座がおすすめです。  ここからは、「トレーニングサポーター」と「筋トレインストラクター」2つの資格を同時に学べる通信講座をご紹介します。

筋トレ・パーソナルトレーナー資格の講座1. 諒設計アーキテクトラーニング

図書館で勉強する 女子大生 諒(りょう)設計アーキテクトラーニングは、問題集や添削課題がすべてプロの先生によって監修されており、初心者も安心して受講できるのが特徴です。  じっくりと勉強を進めたい人は「基本講座」を、確実に資格を取得したい人は「スペシャル講座」をおすすめします。  分割支払いも可能で月3,300円~から、無理なくスタートできるのも魅力です。 【基本講座】 受講料:59,800円 受講期間:6か月(最短2か月) 添削:5回 内容:受講証・受講マニュアル・完全攻略テキスト2冊・練習問題集/解答用紙・練習問題解答集・模擬試験/解答用紙ほか 【スペシャル講座(試験なしで資格が取れる講座)】 受講料:79,800円 受講期間:6か月(最短2か月) 添削:5回+卒業課題1回 内容:受講証・受講マニュアル・完全攻略テキスト2冊・練習問題集/解答用紙・練習問題解答集・模擬試験/解答用紙ほか 諒設計アーキテクトラーニング 筋トレ・パーソナルトレーナー資格の詳細はコチラ>>>

筋トレ・パーソナルトレーナー資格の講座2. SARAスクール

 SARAスクールは、1日30分ほどの勉強で、筋トレ初心者でも約6か月で無理なく学ぶことができるカリキュラムが魅力です。  カリキュラムは3つに分かれており、初級編では「筋トレの基礎知識」、中級編では「目的に応じた筋トレの方法」、上級編ではより踏み込んだ「筋トレに欠かせないストレッチ」について学習します。  費用を抑えたい人は「基本コース」を、試験なしで資格を取得したい人は「プラチナコース」を選びましょう。 【基本コース】 受講料:59,800円 受講期間:6か月(最短2か月) 添削:5回 内容:ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答ほか 【プラチナコース(試験なしで資格が取れる講座)】 受講料:79,800円 受講期間:6か月(最短2か月) 添削:5回+卒業課題1回 内容:ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答ほか SARAスクール 筋トレ・パーソナルトレーナー資格の詳細はコチラ>>>

筋トレ・パーソナルトレーナーの資格と通信講座の口コミ

 最後に「トレーニングサポーター」と「筋トレインストラクター」の通信講座を受講した人の口コミをご紹介します。 「筋トレ資格講座を受講して、身体についてや食事、トレーニング法、ストレッチ法を学習できて良かったです。ジムに通っていて普段のジム中や普段の食事、生活の中で活用していこうと思っています。また、いつかこの資格を活かしたお仕事をするのもいいのかなと思っています。ありがとうございます」(SARAスクール) 「1ケ月以内で資格取得できました。小さい頃からバレエをしていること、医療系と化学系の大学で学んでいること、G.Wという長期休暇があったことなど有利な状況が多くあったものの、こんなに分かり易い内容だとは思っていなかった。文章だけで分かりにくい部分は問い合わせをしたりもしたが、画像付きだともっと良いと思う」(諒設計アーキテクトラーニング) 「『水着姿を大好きな人に見てもらいたい』と筋トレ資格をがんばりました。どんなトレーニングをするとどこの筋肉に効くのかや筋トレの根本的なやり方を学習することができました。実践的な内容だったので、身体を動かしながら楽しく学ぶことができました。筋トレをこれからも続けて、理想とする身体に近づいていきたいです」(SARAスクール) 「朝起きて5分間集中して勉強し続けて資格を取得させて頂きました!細かい筋肉との使い方と同時に心のケアについて書かれているのが大きなポイントです。トレーナーとして活動する上でスキルだけではなくお客様の心のケアが重要視されますので自分の経験だけだと限界がきます。スキルと同じく言葉の引き出しも増えました!」(諒設計アーキテクトラーニング) =====  筋トレの資格を取得して、自身の筋トレや仕事に活かしてみてはいかがでしょうか?筋肉や運動に関する知識は、一生の財産となるでしょう! トレーニングサポーターについて もっと知りたい>>> 筋トレインストラクターについて もっと知りたい>>> <TEXT/女子SPA!編集部 提供/日本資格振興協会>
女子SPA!編集部
大人女性のホンネに向き合う!をモットーに日々奮闘しています。メンバーはコチラ。twitter:@joshispa、Instagram:@joshispa
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ