Fashion

無印から新登場の生理用“吸水ショーツ”、ユニクロと比べて正直どう?試してみた

ユニクロやGUなど有名メーカーから発売されてヒットし、一躍認知度が高まった吸水型のサニタリーショーツですが、さまざまなメーカーが参入し選択肢が増えましたね。 3月3日に無印良品からも2タイプ新登場しました。 「なめらか吸水サニタリーショーツ」(1,990円 税込)と、「ひびきにくい吸水サニタリーショーツ」(2,990円 税込)が出ていますが、今回はショーツラインが切りっぱなしの「ひびきにくい」タイプをレビューしていきます。

吸水ショーツはナプキンだけじゃ不安な時の安心アイテム

生理の時、モレていないか不安に感じた経験のある方は多いのではないでしょうか。特に経血は、一度ついてしまうと落とすのが大変ですよね。 ですが、最近では吸水型のサニタリーショーツが登場をしており、安価なものも増えています。 ナプキンやタンポンに加えて吸水型サニタリーショーツも着用することによって、万が一モレてしまってもお洋服を汚す可能性がぐんと下がります。 吸水型サニタリーショーツは、ナプキンだけじゃ汚れやモレが不安な人だけでなく、ナプキンだとかぶれてしまう人などにも便利ですよ。まだ挑戦したことがないけれど、今のサニタリーショーツで不安な方はぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

肌あたりはふわっとしていて優しい!

全体的な素材感はふわっとしているので、エアリズムタイプのユニクロ吸水ショーツのような、肌あたりの冷たさが少ないのが嬉しいポイント。 素材にはレーヨンを使用しているので、さらっとしつつも保湿効果があるので、デリケートな生理中にはピッタリです。 さらに、吸水部分も少し起毛しているためふわふわとした肌あたりで安心感がありました。 他にも、素材表記は印字でタグはなく、縫い目もなくて、肌あたりをとことん追求したこだわりアイテム。どうしてもかゆくなってしまう方は、ぜひ試してみてほしいと思います。
次のページ 
圧迫感も軽減
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ