Lifestyle

動画・写真がめちゃキレイ! iPhone6以上と噂のディスプレイを試してみた

 2014年冬モデルのスマホが発表され始め、買い替えに悩んでいる人も多いのではないでしょうか? 最新のスマホはどれもスペックが高くて、機能面ではなにがなんだかわからないですよね。

 そこで今回は、動画や写真をよく見る人にとって大切な、“ディスプレイのキレイさ”に注目してみました。最新スマホの一部には、フルHDよりも高解像度(キメ細かい)のWQHDのディスプレイを搭載した機種が登場し、注目されているんです。

ARROWS NX F-02G

ARROWS NX F-02G

 たとえば、ドコモが2014‐2015年冬春モデルとして発表した富士通「ARROWS NX F-02G」(10月下旬発売予定)は、ドコモのスマホ初となるWQHDの5.2インチディスプレイを搭載しています。最先端のディスプレイはどれほど美しいものなのか? 発売前にお借りして、さっそく試してみました。

映画みたいなクリアさにビックリ



 まずは動画の視聴からチェック。スマホにはあらかじめ「旅する鈴木」という動画が入っていました。世界各地の風景をおさめた「旅する鈴木」を再生すると……なんだこりゃ~!? 映画か!? というキレイさにビックリ。

 もちろん動画自体も素晴らしいんですが、雲の流れ、草木のゆらめきがディスプレイにクリアに再現されていて、岩の裏に回り込めそうな立体感は3D映画みたい。スマホでテレビや映画を見る人にとっては、こりゃたまらんな、と思いました。

 「旅する鈴木」の動画は特設サイトで公開されていました(スマホに入っていたのと少し違うバージョンですが)。もし店頭で「ARROWS NX F-02G」を見かけたら、ご自分のスマホと、見比べてみてください。

⇒【YouTube】旅する鈴木 http://youtu.be/XCfbrWtVMx8

フルーツがおいしそうに撮れた!



 つづいて、カメラでの撮影に挑戦。今回は、スイーツと雨に濡れた花を撮ってみました。いかがでしょう。フルーツのみずみずしさ、葉に付いた水滴までもしっかりと見えるでしょう? これなら、私のヘタな料理もおいしそうに写るかも!

 植物などの写真は、ぺたっと平板な写真になりがちですが、「ARROWS NX F-02G」の明るい薄型高性能レンズ、約2070万画素のセンサー、富士通独自の画像処理エンジンにより、果肉や葉脈の細部まで立体的に撮ることができました。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=145457

スイーツ(ARROWS NX F-02Gで撮影)

ARROWS NX F-02Gで撮影

 撮った写真をPCから確認してもキレイに見えますが、スマホの画面上で見たときの方がキレイに見えました。これも、WQHDのディスプレイならではの見え方なのでしょう。

 自撮りで毛穴まで写りそうでちょっと緊張しますが、オノレの真実と向き合ういい機会になるかも……。

 この「ARROWS NX F-02G」のディスプレイは、“世界最高峰”を謳っているそう。なにが“最高峰”なのかというと、5インチクラスのスマートフォンのディスプレイの画像を表示する細かさ「画素密度」です。

 たとえば、新型のiPhone 6(4.7インチ、750×1334ピクセル)は326ppi、iPhone 6 Plus(5.5インチ、1080×1920ピクセル)は401ppiとなっています。iPhoneシリーズでは、Retinaディスプレイと呼び、人間の目でわかる細かさの限界を越えているという意味で使われています。

 一方、「ARROWS NX F-02G」(5.2インチ、1440×2560ピクセル)は、なんと564ppi。さらに限界越えまくり。どちらも、数字では”目で見える細かさの限界”以上なのですが、実際見てみるとたしかに違いはありました。あとは、どのぐらいのキレイさを求めるかという、自分のスマホの使い方次第ですね。

 ちなみに、動画視聴、カメラ撮影、Webブラウジングなど、実機を約2時間使ってみた結果、バッテリーは4%しか減っていませんでした。大容量の3,500mAhバッテリーを搭載しているほか、省電力機能により、3日を超える電池持ちを実現しているそうです。

 映画などの動画配信サービスも増え、ますますディスプレイの美しさは注目されていきそう。美容の話じゃないですが、どこまでキレイになるのか、楽しみですね!

<TEXT/女子SPA!編集部>




あなたにおすすめ