Beauty

忘れられない!あの優秀クリームが復活【美容部員の自腹コスメ】

 関西の百貨店で美容部員をしている白川凛でございます。

 忘れられない男はいなくても、忘れられないクリームならあります。

 1990年代に廃盤になってしまったクリーム「アノンNo.8」。

 当時私は18歳で、お化粧することが楽しくて、何でもかんでも使いたくて、雑誌に載っているスキンケアからメイクものを読みあさってはバイト代で化粧品を買いに走る、そんな10代後半でした。そうやっていろんな化粧品を使っていると、10代の健康な肌でも負担がかかり、肌が弱くなってしまったんです。

 一度弱くなったお肌って、なかなか元に戻りません。肌が健康な時は使っても何ともなかった化粧品でも、敏感になっている肌には何をつけても荒れてしまう、そんな悪循環スパイラル。

「それ今の私!!」って方、結構いらっしゃいませんか? 大人のストレス肌も同じ現象です。もう、何が良くて何が悪いのか訳わからなくなってしまい、泣きついたのが、当時アルバイト先のビルの1階にあった薬局でした。

白川「おばちゃん、肌荒れてイタイねん……どうしたらいい?」

 私、半泣きです。

薬局のおばちゃん「あんたどないしたん!? 真っ赤っ赤やんか~」

白川「化粧品で肌が負けたんやけどな、治そうと思ってほかのん使ったら、また余計に荒れてしもて、もう何したらええかわからへん」

薬局のおばちゃん「だいたいな、あんたまだ10代やろ、化粧なんかせんでえーねん! なんもせんでも綺麗やのに、バイト代使って肌荒れしてたら元もこもないわ。もったいない。貯金しなさい!」

白川「家でおかんに100万回言われてるわ。同じこと言わんとって。そんなんえーねん、なんとかしてや、この肌荒れ……」

薬局のおばちゃん「ちゃんとお母さんの言うこと聞きなさいや! ほなこれ使い。ファンデーションとかいらんもん使いなや、このクリームつけとき」

忘れられない!あの優秀クリームが復活【美容部員の自腹コスメ】 といって出されたのが「アノンNo.8」。いや、もうビックリ! ホントに数日で治ってしまったんです。すっかり赤みもひいて艶々に。当時の肌の感触がいまだに忘れられず、また探してしまいました。するとアノンから新製品が出ているじゃありませんか。

「アノンプラス」というシリーズがそれ。アノン製品を調べましたら、主成分は「アルゲコロイド」という成分。この海藻由来成分アルゲコロイドは肌に必要な潤い成分であるビタミン、ミネラル、アミノ酸がたっぷりで、肌表面に保護膜を作ってくれます。そして肌荒れの炎症や肌のほてりを鎮めてくれるグリチルリチン酸ジカリウムも配合。

 とにかく肌荒れは表面を整えることから始まります。肌表面のバリア部分が荒れていると内部の潤いが蒸発しやすくなったり、乾燥が原因で炎症を伴った湿疹性のニキビが出来てしまったり、と悩みが尽きないなんてことになってしまいます。この部分を整えていってくれるのが、このアノンプラス。

 使ってみましたが、とっても良かったです。使った直後は少しベタつく感じありますが、翌朝にはすっかり馴染んでました。肌表面をしっかり保護して潤いを閉じ込める処方だからではないでしょうか。数日で日中の乾燥は気にならなくなりましたし、肌表面が整って守られてる感じがしますし、キメが整って毛穴が目立ちにくくなりましたし、艶々してます、私のお肌。

 乾燥でお悩みの方は勿論、乾燥するのにニキビができる方や、最近の気温の低下で冷たい風が肌にしみるなんて方もバリア機能が低下してる可能性が高いです。お肌の表面を整えるお手入れ、ぜひ取り入れてみてください。

アノンプラスコーワローション 150ml
アノンプラスコーワミルク 100ml
アノンプラスコーワクリーム 40g

※ショップによって価格に幅がありますが、各1500円~2500円前後で購入できます。いろいろ探してみてください。
※お身体に合わない場合はご使用をお控えくださいね。

<TEXT/白川 凛>

【白川 凜】(しらかわ りん)
関西在住の40代、百貨店の現役美容部員。ナチュラルコスメでスキンケアアドバイザーとして15年、従事している。「高い化粧品を使っていると豪語する人ほど、綺麗な人が少ない」と気づき、お金をかけずに綺麗になれることを追求するため、日々、さまざまなスキンケアを自ら試している。WEBマガジン「milkik」では「美容部員の美容食」を連載中(http://milkik.com/




あなたにおすすめ