Beauty

あの“調味料”で全身汚れを取り除いてツルスベ肌に!?【現役美容部員のオススメ】

「顔を洗わない」美容法が一時期ブームなりました。

「綺麗になりたければ顔を洗うな」みたいなフレーズが新しく斬新で目を奪われましたし、化粧品売場のカウンターでも、ご来店のお客様に「今流行ってる顔洗うなみたいなやつ、あれホンマ? どう思う?」等と聞かれることもしばしば。

 当時はスキンケアをメインに扱っているメーカーに勤務していましたので、目の前のテスター台に並んでいる洗顔フォームや洗顔石鹸を眺めながら、「お肌に合わない洗顔を使うなら、洗わない方がお肌には良いですよ」と、ここまでしかお答えができませんでした。

 ぶっちゃけますと結論から言って、洗顔フォームや石鹸で洗わなくてもいいですよ。ただし、メイクはちゃんと落としてください! クレンジングで。

 正しくは、その時々の肌の状態を見極めてお手入れを変えていきましょう。汚れがたまって肌荒れを起こしているなら汚れを取り除かないといけませんし、肌の保護膜までも落としてしまうほど洗浄しているのなら、洗ってはいけませんよ、という訳。

 お肌は常に一定ではありませんし、産まれてから死ぬまで肌タイプが同じ人はおりません。

 そしてこの話、「顔」だけに限らず「全身」にもです。

 顔も体も、洗顔フォーム、石鹸、ボディソープで「洗いすぎるから」乾燥するんです。

 取りすぎなんですよ、肌の保護膜を!

 雑誌か何かで見ましたが、芸能人の方も体はお湯で洗い流すだけ、という方もいらっしゃるようですね。

 肌の汚れである「アカ」は水溶性ですから、お湯で十分に落ちます。

 落ちますが、やはり私、まがりなりにも「美容」の仕事に携わり約20年。お湯で洗い流すだけでいい、と言われても「お手入れしたい」んですよね。

 という訳で私のように、洗わなくてもいいと言われても何もしないのは物足りないし、けど間違ったお手入れだったら続けるのは嫌だ、というアナタ。そんなアナタにお勧めなのが、もぉ始めたら最後、やめられない止まらない「粗塩美容」!

あの“調味料”で全身汚れを取り除いてツルスベ肌に!? ビタミン、ミネラルたっぷりの天然塩で体の隅々まで洗います。入浴をして体を軽く温めた後、ぬれたお肌に直接塩を付けていきます。洗うというとピンと来ないかもしれませんね、全身に揉み込む感じで「押さえて」ください。擦ると痛いですからご注意を!

 軽く押さえつけながら、疲れやムクミの気になる箇所は軽くマッサージ等をしていると、じわーっと塩が溶けていきます。後は洗い流すだけ。

 天然の塩は、肌の余分な脂や汚れを溶かしたり、汗腺を調節してくれたりと、肌本来の「排出器管」としての働きを取り戻してくれます。塩の粒子でスクラブ効果も得られますし、そのうえ自然のビタミン、ミネラルにより天然の潤いヴェールをかけたような仕上がりに。おまけに消臭効果まであるんですよ!? ご存じでした?

 殺菌効果も高く、ニキビにも効果を発揮してくれます。今まで味わったことのない、サッパリしているのにしっとりツルツル、艶やかな肌はまるで自分の肌ではないような洗い上がり! 私は顔もお塩で軽く押さえるように塩洗顔してしまいます。

 もちろん、顔はクレンジングでメイクを落とした後に、体は湯船で温めた後に、石鹸やボディソープは使わずに!です。

 精製された塩は天然のビタミン、ミネラルが含まれていないので、必ず天然塩をお使いください。塩によって粒の大きさが違うため、お肌に合った粒子を探してみてくださいね。

 お肌が弱い方は、洗面器にお湯をはり、5つまみ程を溶かし、それで体をゆすぐように洗うだけでもツルツルしますよ。「塩美容」、騙されたと思って一度お試しあれ!

<TEXT/白川 凛>

【白川 凜】(しらかわ りん)
関西在住の40代、百貨店の現役美容部員。ナチュラルコスメでスキンケアアドバイザーとして15年、従事している。「高い化粧品を使っていると豪語する人ほど、綺麗な人が少ない」と気づき、お金をかけずに綺麗になれることを追求するため、日々、さまざまなスキンケアを自ら試している。WEBマガジン「milkik」では「美容部員の美容食」を連載中(http://milkik.com/

白川 凜
しらかわ りん。関西在住の30代、百貨店の現役美容部員。ナチュラルコスメでスキンケアアドバイザーとして15年、従事している。「高い化粧品を使っていると豪語する人ほど、綺麗な人が少ない」と気づき、お金をかけずに綺麗になれることを追求するため、日々、さまざまなスキンケアを自ら試している。情報源はドラッグストアとインターネット。最近は、「プチプライスで実力派揃いのネットが熱い!」




あなたにおすすめ