Love

男女7人“グループ交際”マッチングサイトをやってみた

 恋したいライターの市吉いとこです。最近、ネットで恋人探しができる新しいサービスがいくつも出てきていますよね。そこで、『婚活難民』などの著書がある恋愛作家・にらさわあきこさんのアドバイスのもと、いろいろ試してみてシリーズでリポートします!

(⇒前回の「Facebook Omiai」のリポートはコチラ http://joshi-spa.jp/26529

 Facebookを使った出会いのツールがアツいのはよくわかりました。でも、いきなりマンツーマンで会うのは怖い……という人もいると思うのですが。

「では『7人の物語』というSNSはいかが? 『遊び仲間マッチングサイト』と謳っているとおり、4人の男性と3人の女性をマッチングしてくれるんです。男女7人を一つのグループに括って、7人がやりとりできるSNSが提供されます。まあ、いうなればネット版の『あいのり』……いえ、今だったら『テラスハウス』とでもいったところでしょうか」(にらさわさん)

 おお、大人の“グループ交際”ってやつですね。

ネットでのグループ交際とは?



「7人の物語」トップページ

「7人の物語」トップページ

 そこで、さっそくやってみました。

 サイトから登録し、自分の情報を入力します。この時点で入れるのは、自分のニックネームと年齢と大まかな住まい(都道府県)くらい。

 すると、「こういう募集がありますよ」というお知らせのメールが来ます。私の場合は、「7月○日の夜11時~12時の「アイスブレークセッション」(チャットでの顔合わせ)に参加できる首都圏在住の35~45歳の男性と30代の女性を募集します」といった案内が来ました。

 で、それに乗れるかを見るわけです。そして「今回はスルーしよー」と思えば、また別の募集を待つことになり、何もしなければ、その段階で応募したことになります。7人が揃ったらマッチング成立となり、その段階から利用料(男女とも3ヶ月3150円)が発生します。

 ちなみに7人は会える範囲内での組み合わせになります。なので、東京に住む私と大阪に住む人に同じ募集が来ることはないのです(登録できる対象地域はhttp://www.storyof7.jp/20110610.html)。

 また、私はひとりで参加しましたが、グループ参加もできるので女友達3人で参加してみるのも楽しいかもしれません。

まずチャットで顔合わせ



7人の物語~メンバー一覧

7人のメンバー一覧。プライバシーの問題があるので、これはサンプル画像です

 さて登録した私のもとに、前述の「アイスブレークセッション」の案内が来たので、某日曜日の夜11時に向けてPCの前でスタンバイ。少し前にログインすると、既に各メンバーのプロフィールや自己紹介文が見られる状態になっていました。

 私が参加した「物語」では、男性は3人ともIT勤務、女性は人事系と一般事務の人。もうひとり男性がいるはずでしたが一度も画面に現れなかったので、基本、「3:3」でした。

リアルな会のセッティングは自力でやる



 PC前にスタンバイして、ドキドキしながらスタートを待ちます。すると、アプリ・ナビゲーターのナナコさんが「そろそろチャット開始タイムですよ」とご案内。ナナコさんは、その後も「みなさんにご挨拶しましょう」とか「趣味を聞いてみましょう」「あと何分で終わりですよ」などと折々に発言してきます。

「アイスブレークセッション」のチャット画面:サンプル

 また、メンバー7人それぞれに、リーダー、サブリーダー、盛り上げ役、幹事役などが決められます。私は「癒し役」になったので、「発言する人がいたらフォローしよう」という気持ちで、画面を見つめておりました。すると、開始5分ほどして、最初の発言がありました。「こんばんは、Tです」。

「いとこです。こんばんは~」と返すと、他の人たちもどんどん「いいね」をつけてくれます。

「おお、こうやって語らってゆくのか」と思いながら、話は発展し、1時間のチャットのうちでなんと実際にみんなで会う懇親会の開催が決定。幹事役の男性が、とりまとめをすることになりました。

 リアルに会えるかどうかは、運営者側がお膳立てしてくれるわけではなく、みんなの盛り上げ次第なのです。

「アイスブレークセッション」の感想はというと、いきなり知らない異性とマンツーマンでチャットすると「この人、本当にちゃんとした人?」と疑心暗鬼になるけど、7人もいると「なじもう」という気持ちが勝ります。グループによっては盛り上がらない場合もあるでしょうが、私のグループはごく穏やかな雰囲気だったので、安心して参加できました。


最初の会合は2週間以内に!



スケジュールの画面:サンプル

 ということで、早速その翌日から幹事役の男性が日程と場所を調整し、2週間後に会合が決定。アプリ・ナビゲーターのナナコさんによると、「2週間以内にリアルで会うのが、物語を盛り上げるコツ」だとか。私たちはぎりぎりセーフといったところでしょうか。

 サイトにスケジュールのページがついているので、案外さくさくと進みました。

 さらに、私たちの幹事さんは、メッセージ機能を使って「参加よろしくお願いします」と一人ひとりに頼む丁寧ぶり! ここら辺は、ある程度年齢のいった“社会経験のあるチーム”に入ったおかげだと、感動いたしました。

リアルな会合に参加できず……



 そして、2週間後に会合が開かれたわけですが、実は不肖・私、用事があって参加できなかったのです。が、参加した女性が「みなさん、大人で優しかったですよ。また会いましょう」とメールをくれました。「7人」のページ上でも、みなさんから「また集いましょうね。いとこさんも来てください」と言っていただけました。まあ、SNSの使用期限は3ヶ月あるので、きっと会えることでしょう。

 結論として「7人の物語」は、グループ交際のきっかけにはなると思います。普通の合コンと違って、事前にやりとりをしているので、なんとなくスーッと溶け込める。

 で、肝心の「恋に発展するかどうか」は、もちろん自分次第(他の女子だけがモテることだってありえますし…)。サイトには、恋人ができたユーザーの体験談もあるので、参考にするといいでしょう。

●7人の物語 http://www.storyof7.jp/

【にらさわあきこさんプロフィール】
NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛・結婚などの分野で取材・執筆活動をおこない、独身女性に幅広いネットワークを持つ。著書に、『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)『婚活の神様! 崖っぷち婚活隊の目指せ結婚! 神頼みツアー♪』 (幻冬舎)など。公式HP http://www.nirasawa-akiko.com/index.html

<TEXT/市吉いとこ>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

市吉いとこ
ライター。恋愛や結婚に興味はあるが、気がつけば彼氏いない歴ウン年。出会いに関して取材を続けている。アラサー。
婚活難民

結婚を求め、現代を生きる、12人の女性たちのリアル・ドキュメント




あなたにおすすめ