Entertainment
News

ベン・アフレック離婚?ギャンブル&アルコール依存が原因

 ベン・アフレック(42歳)とジェニファー・ガーナー(43歳)が離婚スキャンダルに揺れています。

 複数の関係者が『Radar Online』に寄せた情報によると、 ベンは既に離婚に向けて弁護士と話し合いを進めているのだとか。二人は6月29日に結婚10周年を迎えるのですが、記念日の前には離婚の正式発表をしたい考えを持っているようです。

ベン・アフレックとジェニファー・ガーナー

こんなツーショットはもう見られない?(PHOTO/Featureflash)

すでに別居、結婚指輪も見当たらず



  同誌によると、この数か月間、二人で一緒にいるところは一度も目撃されておらず、既に別居中の可能性も高いとのこと。4月17日のジェニファーの誕生日さえも別行動しており、一人でいるところを目撃されたベンのその左薬指には結婚指輪がはめられていなかったそうなのです!

 現在カナダで新作撮影中のジェニファーについては、「学校が夏休みに入り次第、3人の子供たちを彼女の元へ呼び寄せる予定でいるようだが、そこに父親が加わることはなさそうだ」との証言が寄せられています。

 既にアカデミー賞脚本賞と監督賞を受賞し、クリエイターとしての才能も高く評価されているベン。新バッドマン役にも抜擢されるなど、役者としても乗りに乗っている彼の2014年の報酬合計は日本円で約35億円(Forbes 調べ)でした。

 ゴシップ各紙は、もし二人が離婚すれば、総額150億円の財産を巡る争いが繰り広げられるだろうと予測。ベンだけが弁護士に会い、早め早めに離婚話を進めようとしているのも、慰謝料を支払うことになれば、とんでもない額を要求される可能性があるからでしょう。

ギャンブル&パーティ漬けの夫



『Life & Style』によれば、二人の不仲の原因はすばり、ベンのギャンブルとアルコールの依存症。

 実は彼、2001年にはアルコール中毒でリハビリ施設に入所したことがあり、ギャンブルに関しては、暇を見つけては一人でラスベガスのカジノへ出向くほどハマっているのです。

 同誌によれば、ベンは2005年の結婚を機にギャンブルや行き過ぎた飲酒などのやんちゃ癖を直すことを約束。しかし、それ以降も彼のカジノ通いやパーティ通いはまったく止まることはなかったようです。

 その証拠に、深夜一人ギャンブルをする彼の姿が先月だけでも2回目撃されています。

 これには「長い間、夫の依存症を容認してきたジェニファーも、 我慢の限界を感じたようだ」とはジェニファーの友人の談。

 このまま離婚調停に入れば、子どもたちの親権と二人が築いてきた財産の半分に加え、今後の養育費をベンに要求するつもりだというジェニファー。友人たちは「離婚の原因がベンの依存症にあるのだから、彼女が勝つのは明らか」と語っています。

 一方で、離婚報道後の5月28日には、久々に一緒に買い物に出かけるところをパパラッチされた渦中のカップル。二人が状況を改善するためにカップルセラピーに通い始めたとの情報もあり、「お互い今もとても愛し合っている」と証言する友人もいます。

  Xデーは6月29日の結婚記念日。果たしてベンとジェニファーに幸せな記念日は来るのでしょうか? それとも……。

Source:
『Radar Online』http://bit.ly/1RnBFOc, http://bit.ly/1EPGNSe
『Forbes』http://onforb.es/1dHIU5n
『Life & Style』http://bit.ly/1JkMX39

<TEXT/橘エコ>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【橘エコ】
アメリカ在住のアラフォー・ブロガー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。大学事務と米大手スーパーマーケット勤務の二足のわらじを履いてアメリカカルチャーの裏側を探る、自称アメカジスパイ。ハリウッド最新映画レビューやゴシップ情報などのほか、アメリカ女子を定点観測してはその実情をブログで発信中。WEBマガジン「milkik」では「アメかじシネマ」「愉快なアメリカ女子」を連載中(http://milkik.com/

橘エコ
アメリカ在住のアラフォー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。 ゴシップ情報やアメリカ現地の様子を定点観測してはその実情を発信中。




あなたにおすすめ