“性の不一致”を乗り越えるには?【性活相談・後編】

⇒【前編】はコチラ

性の不一致を乗り越えるには?



 それを乗り越えるには、満足なセックスを諦めて他のこと(仕事、趣味、スポーツ、社会奉仕活動)でメンタルの充実を図る、夫婦一緒にセックス問題に取り組む、家庭と性欲を切り離して外にセックスを求める、の3パターンです。

 どの解決策にも共通して必要なのは、夫婦間での会話です。セックスの問題は必ずパートナーと一緒に抱えているということを忘れないでください。あなたの気持ちを伝えて、問題を共有することから始めてください。言葉にせずとも察して欲しいというのは、無理難題です。

 その時に、旦那さんのセックス能力へのダメ出しや人格に対する否定は絶対にしないで、女性が持つ当たり前の欲求として性の新しい扉を開けてみたいという希望のみを伝えてください。今までのセックスが良かったから、またしたい、もっとしたいと伝えるのです。

 旦那さんと仲が良いのだから、それなりに真剣な返事が貰えると思います。それを受け、セックスを諦めるのか、違う選択をするのか考えましょう。大切に思ってる気持ちと性欲は別モノだということを念頭に置いて受け止めてください。

性の扉を開けるにも犠牲を伴う



森林原人さん

森林原人さん

 性に突き動かされ振り回され生きている僕が言うのもなんですが、セックスが充実してなくても幸せな人や夫婦はいて、ちょっと羨ましく思う時があります。

 性の扉を開けると、際限なく溢れ出てくる欲望を満たすために様々なものを費やしたり、犠牲にしてしまいます。

 そんな生き方を後悔してはいませんが、反省は多いです。生まれ変わっても今と同じ人生を僕は選びますが、他の人に薦めることは出来ません。

 性の満足を得るには、見栄を捨て、恥を忍ぶ覚悟が必要です。それは僕みたいに世間に対するものでなく、旦那さんに対してのみですが、あなたがセックスで満足したいなら絶対に必要です。

セックスレスの根本を解決するには?



 女性誌などでエッチのきっかけ作りみたいなアドバイスがあります。ベタベタ引っ付いたり、甘えたり、セクシーな下着を着けたり、ヤキモチを妬かせたりという具体的行動を挙げています。どれもが役に立つし効果があるでしょう。

 ただし、それらでセックスレス問題が解決したように見えてもそれは表面的で一時的なものです。もう一歩踏み込んでセックスに取り組むには、やはり本当の自分をさらけ出さないと無理です

 あなたのセックスレス問題は、性欲の量やタイミングのズレといった初期段階にあります。これを放置しておくと、女として見られてないとすねた感情に変わり、ゆくゆくは私ってなんなの!? みたいに捻れてしまう可能性があります。

 諦めるにしろ、新しい扉を開けるにしろ、ただの性欲問題が捻れてこじれて取り返しのつかないことになる前に、旦那さんに言葉で伝えてください。旦那さんの前で体裁なんて気にしないでください。恥ずかしがってちゃダメです。恥ずかしがるのは、セックスが始まってからです

 女盛りはこれからですよ。一人のためだけにひっそりと咲くのか、派手に咲き乱れるのか。いずれにせよ、あなたなりの咲き方、咲き場所を見つけてください。

<TEXT/森林原人>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【性活相談者を募集!】
森林原人さんに悩みを相談したい方は、メールの件名の冒頭に【性活相談】を入れ、以下のアドレスまでお送りください。
jspa.q@fusosha.co.jp
※お送りいただいた相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。また、いただいたメールはすべて森林さんがチェックしていますが、すべての相談を取り上げることは難しい旨、ご了承ください。

【森林原人/モリバヤシ ゲンジン プロフィール】
35歳。AV男優歴16年。AV好きと持て余す性欲が高じて、ついにはモザイクの壁を飛び越え、汁男優からキャリアをスタート。日本人の生涯セックス回数は、年平均46回×60年=2760回で、この4倍近くセックスしていて、セックス経験だけで言えば3回生まれ変わって只今4回目の老後を満喫中。
★Twitter始めました(@AVmoribayashi
★花房観音さん著『指人形』(講談社文庫)の解説を書きました

イケるSEX

女子SPA!の人気連載「AV男優・森林原人の性活相談」がいよいよ書籍化!
経験人数10,000人超のトップ男優である森林原人が、セックスに悩める一般女性の質問に愛をもって答える。「イク感覚がわからない」「彼がゴムを付けてくれない」「“30代処女”は重い?」etc.
Q&A31本とコラム4本を収録。

指人形

あなたは知らない。私の指がなにに使われているか―。団鬼六賞大賞受賞第一作「おばけ」を含む、女流官能小説家・花房観音の、止めどないエロスと隠微なユーモアに満ちた傑作官能短編集。




あなたにおすすめ