Beauty

ほうれい線を消したい!血流マッサージの効果のほどは?

 もりおやま=森美樹と尾山奈央が、引きこもりを解消し、女度を底上げするためにRPGの旅に出ました。

 まず女は顔だろ、というわけで。第一ステージは素肌力アップレッスン!

血流マッサージの講座に行ってみた



 こちらは、たるみ・ほうれい線にスポットをあてたもの。メイクアップアーティストの「かづきれいこ」さんが考案した血流マッサージ&デザインテープの講座です。

写真はイメージです

 現れた講師は、雰囲気的に50代半ばと推測されるのですが、しわもたるみも見当たらないのです。整形のような人工的な皮膚のつっぱりも一切なし。聞けば、「実は、こことこことここに、テープを貼っているのよ」と自信たっぷりに言うではないですか。

 へ? テープ?

 講師が指差したのは、耳とこめかみとまぶたの位置。メイクしているとはいえ、肉眼ではまったくわかりません。どんだけMP使ってるの? という感じ。至近距離でもまったくわからないのです。

あまりに簡単!効果があった……気がする



「このテープもすごいけど、血流マッサージも同じくらいすごいのよ」とドヤ顔の講師。どんだけ難しくても立ち向かうぜよ!と戦闘態勢も万全なふたりですが。これがいたって簡単で拍子抜け。

「スポンジを水でぬらして固く絞り、美容液を1~2プッシュ、スポンジに含ませて」

 そのスポンジで、顔を下向きに撫でていくだけです。マッサージというよりは、やや強めに撫でるというニュアンス。

⇒【画像】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=332292

「血液を心臓に返す、基本はこの一点です」と講師。目のまわりのみ、目尻からぐるりと上向きに目を一周させ、こめかみを通り、フェイスラインにそってスポンジを動かしていきます。他は、ただ下へ下へと撫でていくだけ。

「やだー、超簡単じゃん」

 はしゃぐ、おバカふたり。鏡を見ながら顔を撫でていくことわずか数分。

「森さん、目が!」

 埋もれていた森の目が、キラキラと自己主張を始めたではないですか。

「そういう尾山さん、あなたも!」

 ぼんやりしていた尾山の頬が、すっきりシャープになっているではないですか。

「私達って、キレイだったのね」

 あっ、他のページに浮気しないでください。大袈裟じゃないのです。

「静脈血やリンパ液を心臓に戻すだけで、細胞が生き生きしてくるんですよ」

 メイクしている肌よりも、素肌がよほど美しいのです。素肌の美しさを再発見したというべきでしょうか。

「やだー、超楽しいじゃん」

 超単純な、おバカふたり。気をつけるポイントは、力を入れ過ぎないことと、スポンジを乾かさないこと。これだけです。

 メイク前の数分なら、難なく習慣にできそうです。なんだか女性ホルモンまで急上昇! 今夜は覚悟しろよ旦那ども!

 勝手に盛り上がるおバカふたりを無視する講師、サクッと次へ進みます。

「さあ、次はテープの講義ですよ」。キラッと講師の目が光ります。さらなる高度な魔法。はたしてMPは足りるのか。

 女道はいばらの連続です。しかし、キレイマジックにはかないません。次回は、マジ魔法のテープの体験記です。(もりおやまの「おんな道」Vol.1)

もりおやまの「おんな道」Vol.1_1もりおやまの「おんな道」Vol.1_2<TEXT/森美樹 ILLUSTRATION/尾山奈央>

もりおやま http://morioyama.com/

●森美樹:1970年生まれ。少女小説を7冊刊行したのち休筆。2013年、「朝凪」(改題「まばたきがスイッチ」)で第12回「R-18文学賞」読者賞受賞。同作を含む『主婦病』(新潮社)を上梓
https://twitter.com/morimikixxx
●尾山奈央:1980年生まれ。脚本家、エッセイスト。著書に『1年で20キロやせた私が見つけた月1断食ダイエット』(泰文堂)
http://oyamanao.com/




あなたにおすすめ