Gourmet

会社の飲み会は「お寿司のある居酒屋」が女子的に◎

 会社の飲み会の定番は居酒屋と決まっていますが、こうした会ではいわゆる“よそいき”な自分でいなければならないので、ストレスを感じる女性は多いと思う。でも、なにも居酒屋で飲み会をやるな!なんてことを言うつもりはなくて、どんなメニューの居酒屋を選ぶかがポイントではないかと思います。

 居酒屋のメニューに対する女性の不満は、デザートや甘めのお酒がないことよりも、実は女性でも気兼ねなく注文できる「小腹を満たせるメニュー」の少なさじゃないかと常々思っております。だって、プライベート飲みのように酔っ払って「じゃあ、大将、〆のお茶漬けお願いしま~す!」なんて、同僚や上司の前じゃ、まずできないじゃないですか(できるというか、してしまう強者もおりますが……)。もちろん、〆のラーメンを食べたいなどとは言い出せない。小腹を空かせて解散したその結果、ほろ酔い気分で帰宅する途中にコンビニで小っちゃいカップ麺とシュークリームなんか買ってしまい、“ダイエットやるやる詐欺”の実行犯となって日々頭を悩ませる人は多いんじゃないかと……。

 そこで最近、筆者的にツボなのがお寿司を出す居酒屋。なんといっても魚はヘルシーだし、お酒が好きなら文字通り肴にもなります。さらに気がついたのは、お寿司は〆的要素が強いので、2軒目に行かずにすむことが多い。酔って面倒くさい上司にお供することもなく、さらには財布にも優しいのです。

 そんな私が最近ハマッているのが、五反田のアダルティな界隈を通り抜けた先にある居酒屋「ぼたん」です。

 このお店はとにかく安い! ジョッキ一杯160円ですよ! 酒好きなら、自分が女であることを忘れてプハーッ!とやりたくなります。ちなみに期間限定の文字がず~~~~~と続いているので、きっとこの先もずず~~~~~~~~~~~と、期間限定のはず(!?)

 もちろん、お料理もしっかり揃っておりまして「今週のおすすめ」は本当にオススメ!なのであります。女性はワインが好きなんて言われますが(もちろん私も好きです)、やっぱり心がホッとする居酒屋メニューにワインは似合いませんね……と、またしてもホッピーをおかわりしてしまったのでありました。

「ドゥーーン」なるものも



 会社の先輩からオススメされたのは、通称・ドゥーーンなる一品。もちろんコレ、先輩が勝手に呼んでるだけなのですが、食べるとドゥーーン!となる一品なんだとか。何がドゥーーーンなのか?と尋ねると、ニヤリとして「食べてみればわかるよ」とのこと。店員を呼んで小声で注文する先輩。かろうじて聞き取れたのは「とりあえずノーマルで」の一言のみ。ほろ酔いの頭の中でなぞなぞのように思いが巡ります。

 そして待つこと数分、出てきたのは何の変哲もない海苔巻き。ニヤニヤしながら「食べてみなよ」と言われてパクリ。その瞬間……

ドゥーーーーーンン!

コレが噂のどぅーーん!ことノーマルわさび巻き×2。そしてねぎとろ

 鼻の奥から突き抜ける強烈な刺激で頭がくらくら……。これ、わさび巻じゃないですか。どうやら辛さが頭から鼻にぬける時に発する言葉にならない言葉から命名されたようなのです。ウマイこと言いやがって……。涙目になりながらも、精一杯の強がりの筆者。

「…な、なかなか美味しいじゃないですか」

 とつぶやいたら、「噂によるとわさびの量は調整できるらしいよ」と涼しい顔をした上司。ここまできたら後には引けないし、興味もあって「じゃあ増しで」と筆者。Mっ気全開な部下を目の前にして、上司の注文も一際声がでかくなります。

「じゃあ増しで!」

ドゥーーーーーーーーーーン!!!!!!

 ぐっはー! いや、まだまだ……。と、この時点ですでに酔いが覚めています。さらに増し増しを注文。その結果……

ドゥーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!!!!!!

増しすぎてしまい、ノックアウト。飲み会って、食べ物だけでも話のネタになるのがいいですね~

 さすがに涙目でギブアップです。でも、ヒィヒィ言いながらも頭がスッキリしているのは気のせい!? ちょうどストレスが溜まっていたのですが、わさびのおかげで見事に抜けてしまったようです。お店の人によると、わさび巻きご飯抜きのMAXもあるようですが、それはまたいつか……ですね。お寿司のある居酒屋さんではぜひ、このわさび巻をお願いしてみてほしいなぁと思います。サッパリするから〆にももってこいだし、何よりも“ネタ”として抜群のインパクトです。 <TEXT/金都子>

●五反田 ぼたん
東京都品川区東五反田1-24-17
電:03-5739-0333
営:平日17:00~5:00 日曜、祝日休み 
全面喫煙可




あなたにおすすめ