♂&♀

俗に言う“名器”は誤解です【性活コラム】

AV男優・森林原人の性活コラム 第3回】

経験人数7,500人、発射回数10,000発以上、下は18歳から上は69歳まで、性別の垣根を越えてさまざまなエッチを経験するAV男優・森林原人が、性にまつわるあれこれについて語ります。


 皆さん、いかがお過ごしですか。ご機嫌うるわしくエッチしてますか。僕は、今日エッチした嘉代さんという48歳の新人熟女がスケベだったので、ホクホクのご機嫌です。

 突然ではありますが、皆さんに質問です。

「あなたのアソコ、名器ですか?」

 ほとんどの方が「わかりません」と答えるでしょう。で、一部の方が、「実は私名器らしいんですよー」とひっそりドヤ顔をしていることでしょう。

性活コラム_名器

「自分は名器」と言う女性は厄介



 この一部の方が、男からするとものすごく厄介です。だって否定するわけにもいかないし、そのまま認めるのもなんだか釈然としません。もしこの方とエッチすることになれば、名器だね~と特別気持ちいいというリアクションをとらなければと気を使います。

 そもそも、名器かどうかの判断基準がハッキリしないからこういった不幸な場面が生まれるわけですが、じゃぁなんで、名器かどうかに男も女もこだわるのでしょうか。

 それは、深層心理に不安があるからです。特に女性は、自分のアソコはちゃんと機能しているのか、相手に快感を与えることができているのか、他の人(特に元カノ)より劣ってないか、はたまた優れているんじゃないか、と気にしてしまいます。男性の場合は、自分は最高のアソコを知らないんじゃないか、いや、もしかしたら今の彼女が名器なんじゃないか、と不必要な比較をして、不毛な欲をかくのです。

こちらの記事は、森林原人著『イケるSEX』に収録されました。

イケるSEX

画像をクリックすると、Amazonのページへジャンプします。

森林原人
1979年生まれ。1999年にAV男優デビュー。出演本数1万本。経験人数9千人。セックスの虜になり道を踏み外したと思われているが、本人は生きる道を見つけられたとむしろ感謝している。著書に「イケるSEX」(扶桑社)他。性と向き合い、性を知り、性を楽しむためのサイト「リビドーリブ」とオンラインサロン「森林公園」を運営。 ★Twitter(@AVmoribayashi
イケるSEX

女子SPA!の人気連載「AV男優・森林原人の性活相談」がいよいよ書籍化!
経験人数10,000人超のトップ男優である森林原人が、セックスに悩める一般女性の質問に愛をもって答える。「イク感覚がわからない」「彼がゴムを付けてくれない」「“30代処女”は重い?」etc.
Q&A31本とコラム4本を収録。




あなたにおすすめ