Gourmet

「しじみ」こそ真のスーパーフード!意外と知らない4大パワー

 これぞ、清く正しいスーパーフード。  年末の忙しさや忘年会での飲酒で、寝ても疲れが取れないシーズンが到来しています。  個人的な話になりますが、朝から疲労こんぱいで、今にも倒れそうなある日のこと。いただきもののインスタント味噌汁を飲んだところ、体調がみるみる好転。「これ、コーヒーより効くわ!」と絶叫したくなった食べ物こそが、「しじみ」でした。  そうです、今回は、「しじみ」の健康・美容パワーについてのお話。「しじみは、肝臓に良い」というイメージだけにとどまらない、正真正銘のスーパーフードだったのです!

二日酔い対策からアンチエイジングまで! しじみの驚くべき4大パワー

 しじみが持つ健康効果の中心的役割を果たしているのが、「オルニチン」という成分。確かに、しじみ味噌汁のパッケージを見ると、「オルニチン◯個分」という文字が並んでいます。  そもそもしじみは、他の食品に比べてオルニチンの含有量が飛び抜けて高い(10.7~15.3mg/しじみ100g)のですが、最近ではこの含有量をさらに高めた商品が人気となっています。
しじみ味噌汁

しじみ味噌汁

「オルニチン」とは、アミノ酸の一種。たんぱく質の中に存在するアミノ酸とは違い、血液に溶け込んだ状態で体内を巡り、肝臓で重要な働きをすることがわかっています。以下、期待される主な効果を4つにまとめました。 1.疲労回復効果  オルニチンは、毒素であるアンモニアを無毒の尿素に変える「オルニチン回路」を促進。アンモニアが減ることで、カラダの代謝がスムーズになり、疲労回復につながります。 2.二日酔いの緩和  アルコールを摂取すると、「NADH」という物質が増え、脳におけるエネルギー生産を邪魔してアルコール性疲労を導きますが、オルニチンの解毒効果により、これらの機序が緩和されます。 3.朝の目覚めを改善  就寝前にオルニチンを摂取することで、眠りの体感が良くなり、翌朝起床した際に、頭がより早く目覚める可能性が示された研究結果があります。 http://ornithine.jp/lab/awakening.html 4.若さを保つ  睡眠が健常な女性を対象とした研究調査で、オルニチン摂取によって、睡眠中に分泌される成長ホルモンを増加させる可能性が示唆されています。また、女性の「疲れ肌」を改善する可能性も報告されています。 http://ornithine.jp/lab/growthhormone.html http://ornithine.jp/lab/tiredskin02.html  また、しじみには、オルニチンの他、肝臓の機能をサポートする「グリコーゲン(動物性のでんぷん多糖類の一種)」や、動脈効果の予防・血圧上昇の抑制につながる「タウリン」、貧血を予防・改善する「鉄分」などが豊富に含まれています。  ですから、年末の忙しさ、忘年会での飲酒の対策としては超オススメの食材なのです(ただし、肝機能に障害のある人は、摂取してよいか医療機関等に確認した方が良いでしょう)。  食べ方としては、オルニチンのたっぷり入ったインスタント味噌汁を上手に活用するのが便利で賢明。そのまま味噌汁として飲むのはもちろんですが、ヘルシーな朝ごはん・夕ごはんとして、消化吸収のよい「おじや」がオススメ。  そこで、インスタント味噌汁を使った、5分で作れて超おいしい「しじみおじや」のレシピをご紹介します。

しじみの味噌汁を活用!「しじみとたまごのヘルシーおじや」の作り方

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=414592
「しじみとたまごのヘルシーおじや」

「しじみとたまごのヘルシーおじや」

【材料(1人分)】 ・しじみの味噌汁 1人前 ・ごはん 茶碗 1杯分 ・たまご 1個 ・しょうがのすりおろし あれば 【作り方】 (1)小鍋に、しじみの味噌汁の具、規定量の水、ごはんをいれて火にかける。 (2)ごはんをほぐしながらあたため、好みの柔らかさになるまで煮る。最後に味噌としょうがを入れ、溶き卵を加えて混ぜれば完成! <TEXT,PHOTO/スギ アカツキ> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 【スギ アカツキ】 東大卒の食文化研究家。長寿美容食研究家。在学中に基礎医学や生命科学を学ぶ。さらにオーガニックや久司マクロビオティックを学び、独自で料理研究をはじめる。モットーは「長く美しくを、簡単に」。忙しい現代女性に合わせた健康メニューが得意。ヨガ教室や人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。
スギアカツキ
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ