Gourmet

【新発見】ホットプレートで、一発ゴージャス料理が!パーティもラクラク

 パーティシーズン到来! 友人と、家族で、食卓を囲む機会が増える年末年始。キッチンの隅で忘れ去られている「ホットプレート」に注目してみませんか。
肉と野菜とライス

肉と野菜とライスがいっぺんにできちゃう

<いいことだらけのホットプレート! ここが便利> ●用意の手間がかからない 材料を切っておけば、オッケー。下準備不要です ●みんなで食卓を囲んで食べられる テーブルで調理するので、お母さんだけキッチンに閉じこもることナシ! ●いつまでも出来たてのアツアツ! ゆっくり時間をかけて食べても、料理はずーっと温かいまま ●洗い物が少ない ホットプレートが調理器具兼、盛りつけ皿に。洗い物は取り皿だけ

手抜きだけど豪華、ホットプレートレシピ

 さて、次は盛り上がること間違いなしの、「パリパリスパイシーチキン&パセリライス」のレシピを紹介します!  味の決め手はインドのミックススパイス・ガラムマサラ。パリパリに焼いた鶏肉は、まるでお店のタンドリーチキンみたいですよ。 パリパリスパイシーチキン&パセリライス材料(4人分) 鶏モモ肉・・・大2枚(800g) A塩・・・小さじ1弱  しょうゆ・・・小さじ1/2  ニンニク(すりおろす)・・・大さじ1  ガラムマサラ、オリーブオイル・・・各大さじ11/2 パプリカ(赤・黄)・・・各1個 ご飯(温かいもの)・・・2合分(650~700g) Bパセリ(粗みじん切り)・・・6~8枝   ガーリックパウダー、しょうゆ・・・各大さじ1  コショウ・・・適量 オリーブオイル・・・大さじ1 レモン(くし形切り)・・・1個 パセリ(飾り用)・・・適量 <つくり方> (1)下ごしらえ  鶏肉は半分に切り、厚みのある部分に包丁を入れて均等な厚さにする。バットなどに入れて合わせたAを加え、よくすり込んでおく。パプリカはヘタと種を除き、それぞれ縦4つ割りにする。 (2)パセリご飯を準備する  ボウルにご飯とBを合わせ、まんべんなく混ぜ合わせる。 ⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=420925 つくり方2(3)鶏肉を焼く  ホットプレートを250℃に熱してオリーブオイルをひき、(1)を皮目から入れて4分ほど焼く。 つくり方3(4)パプリカを加える  肉から脂が出てきたら、あいたところに(1)のパプリカを皮目を下にして入れる。 つくり方4(5)こんがりと火をとおす  フタをして3~4分焼き、鶏肉とパプリカに焼き色がついたら裏返し、フタをせずにさらに2~3分焼いて肉に完全に火をとおす。 つくり方5(6)パセリライスを加え、仕上げる  鶏肉とパプリカを周りに寄せ、中央をあけて(2)のパセリライスをこんもりとのせる。 つくり方6(7)レモンとパセリを飾る  パセリライスのところどころにレモンとパセリを飾り、保温にする。 つくり方7 このほか、プレート全面をど~んと豪快に使って完成させた料理(ページの一番上の写真)や、  ホットプレートをクッキングシートで区切って2種類のメインディッシュを同時に調理したり…。 ⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=420932
「白身魚の中華蒸し」と「豚の青ジソの梅おろし蒸し」

「白身魚の中華蒸し」と「豚の青ジソの梅おろし蒸し」をいっぺんに作る

エッセで人気の「みんなが喜ぶ!ホットプレートの傑作レシピ」を一冊にまとめました』では、こんな、目からウロコのホットプレート料理の傑作レシピが紹介されています。 ESSE いつものメニューが簡単&豪華に!パーティで大活躍すること間違いなしです。 <TEXT/女子SPA!編集部> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
Cxense Recommend widget
エッセで人気の「みんなが喜ぶ! ホットプレートの傑作レシピ」を一冊にまとめました (別冊エッセ)

“ホットプレート"でつくる簡単で豪華な傑作レシピをご紹介。 プレート全面をど~んと豪快に使って完成させたり、 素材も味わいも異なるメインディッシュを同時に調理したり、 いつものメニューが一新する、ユニークでバラエティ豊かなレシピがたくさん! とじ込み付録には、定番調味料に漬けるだけでできる 「ホットプレート料理に合うスピードサブおかず」。 忙しい平日のご飯に、週末のランチに、おもてなしに、パーティにと ホットプレートの出番がグンと広がります。




あなたにおすすめ