♂&♀
Beauty

アソコの洗いすぎは逆効果!ニオイと黒ズミのための“超・自然派ケア”って?

 人にはなかなか相談できないデリケートゾーンの悩み。ニオイが気になって彼とのエッチに積極的になれない……という人も多いかもしれません。

アソコの洗いすぎは逆効果! デリケートゾーンのニオイの原因は、老廃物。分泌物が多い部分だから、汚れや古い角質がたまりやすい構造になっているのだとか。

「じゃあ、念入りに洗えばいいのでは?」と考えがちですが、実はコレ、とっても危険な行為!

「念入りに洗う」は大きな誤解!



 デリケートゾーンの皮膚はまぶたよりも薄く、ちょっとした刺激でも荒れてしまうほど。ボディソープや洗浄剤などで強く洗いすぎてしまうと、老廃物と一緒に“潤い”まで奪われてしまいます。乾燥が進むと、さらに汚れや古い角質がたまりやすくなるという悪循環にまっしぐら……。

 必要なのは、“適度な洗浄”“保湿”なんです! 皮膚を経由して物質が体内に取り込まれることを「経皮吸収」といい、女性のデリケートゾーンは腕の皮膚と比べると約42倍!。顔やボディ用のケア用品では刺激が強すぎてしまいます。敏感な部分だから、成分の由来や品質がはっきりしたものを選ぶべきでしょう。

なぜ保湿が重要か

厳しい基準をクリアしたデリケートゾーン用ソープ



 デリケートゾーン用ソープで、日本で初めてオーガニック認証COSOS基準をクリアしたアイテムが、「アンボーテ フェミニーナウォッシュ」。これ一本で洗浄・保湿ができ、黒ずみ・ニオイ対策まで叶うスグレモノなんです。

アンボーテ プロデュースしたのは、レイザーラモンHGの妻・住谷杏奈さん。ママタレントとして活動をしながら、コスメやアパレル、カフェなどをプロデュースし、ファッションディレクターとしても活躍しています。

住谷杏奈さんのInstagramより

住谷杏奈さんのInstagramより https://www.instagram.com/p/BBMAt9hBKnX/?taken-by=annasumitani

 2児の母である彼女がこだわったポイントは、敏感な赤ちゃんの肌にも安心して使えるくらい、肌にやさしいものであること。95%以上がオーガニック成分でできています。美容成分たっぷりだから、ボディソープとして全身に使うのもOK。ワキや足の裏などのニオイにも効果を発揮してれるそう。

成分について

使うほど身体がいい香りに



 実際に使用してみたら、まず驚いたのがその泡立ちの良さ。オーガニックのソープは泡立ちがあまりよくないものもありますが、こちらは、液にぬるま湯を混ぜて泡立てた瞬間にモコモコに。と同時に、シトラス&ローズのフルーティーで甘い香りがフワーッとお風呂場中に広がりました。

泡立ち その泡をデリケートな部分につけても特にヒリつきはなく、洗い上がりもしっとり。また、香りの持続性が長く、ベッドの中でもずっと幸せな香りに包まれていました。使い続けるほどに香りが身体にしみつくそうなので、彼の前でも自信がつきますね!

香りについて パッケージや容器のデザインも、デリケートゾーン用アイテムとわからないように配慮されているので、家族や彼に見られても大丈夫。というよりもむしろ、オシャレ・グッズとして洗面所に飾りたくなります。

パッケージも輸入雑貨のようなオシャレさ

パッケージも輸入雑貨のようなオシャレさ

 先行モニターとして実際に試した方々からもこんな声が。

―――――――
●K.Tさん(28歳)
生理中で敏感になっている部分を、しっかり洗えて清潔感が出る。かぶれやすかった肌も改善されて、洗うたびにしっとり保湿されてスベスベになります

●M.Oさん(26歳)
長時間のデスクワークで、帰宅頃になるとワキや足のかゆみやニオイが気になっていました。でも、アンボーテの乾燥や汗からくる雑菌の繁殖を抑制する効果で、ムズムズ感とニオイが解消されました!

他の口コミ―――――――

 通常価格は5,980円(税抜)ですが、定期購入のトクトクコースなら、33%オフの3,980円(税抜・送料無料)。ケアは毎日続けることが大切です!

 デリケートゾーンを正しくお手入れして、彼に愛されるカラダを手に入れましょう!

申込み<TEXT/廣野順子 提供/オンライフ>




あなたにおすすめ