Gourmet

マンネリ「肉ジャガ」にタラコを入れたら…驚きの新モテ料理ができちゃった

 クックパッドが母の日にちなんで発表した「おふくろの味BEST10メニュー」。同サイトがその膨大なレシピのなかから「おふくろの味」、「お母さんの味」で検索し、ベスト10を集計したところ、第1位は肉ジャガでした。 http://cookpad.com/articles/1323  この結果からもわかるように、肉ジャガは多くの人が子どもの頃から親しんできた定番料理。ホクホクのジャガイモに肉のうま味がマッチして、ご飯のおかずにも酒のつまみにもなる家庭料理の代表格です。しかし、あまりにも定番すぎて「ちょっとマンネリ気味…」という声があるのも事実。  そこで料理研究家の堤人美さんにお願いして、いつもとはひと味違う肉ジャガを考えてもらいました。  それがこちら。 塩肉ジャガフライパン「フライパンひとつでできる、タラコ入り塩肉ジャガ」。  材料は、ジャガイモと豚こま切れ肉とタマネギといういつものラインナップ。そこに大胆にタラコを加えました。  でも、肉と魚卵を合わせるのって…? と思う人もいるはず。それに対して堤さんは、「タラコを加えるとそのうま味がプラスされるので、わざわざだしをとらなくてもおいしくできますよ」と答えてくれました。  実際、具材は水と酒と塩で煮込み、しょうゆとタラコを最後にひとふりするだけで、だしやみりんは一切なし。だけど実際に試食してみると、タラコのうま味が加わって絶妙な味わい。いつものちょっと甘めの肉ジャガもいいけど、この料理を知ってしまうと、ちょっと肉ジャガに対する価値観が変わりそう。 塩肉ジャガ「今回はフライパンで調理しましたが、鍋とは違って具材が重なり煮崩れることもないので、失敗知らずです」という言葉に促されて、記者も家でつくってみましたが、確かに簡単でおいしい! 15分ほど弱火で煮込めば完成です。  家にあった新ジャガでトライしましたが、味がしみ込みにくい新ジャガでも十分に楽しめ、家族にも好評でした。 ●「フライパンひとつでできる、タラコ入り塩肉ジャガ」レシピ <材料(4人分)> 豚こま切れ肉 250g タラコ(薄皮を除く) 1/2腹 ジャガイモ(皮をむいて3、4等分に切り、5分ほど水にさらす) 4個(600g) 塩 小さじ1/2 オリーブオイル 小さじ2 タマネギ(1cm幅のくし形切り) 1/2 A酒 大さじ2、塩小さじ1/2、水2カップ しょうゆ 小さじ2 <つくり方> 1)バットに豚肉を広げ、塩をふって5分ほどおき、水気をふく。 2)フライパンにオリーブオイルを中火で熱し、(1)の豚肉、ジャガイモ、タマネギを入れてさっと炒め、Aを加え、フタをして15~20分ほど煮る。タラコ、しょうゆを加えてひと混ぜする。[1人分301kcal] 『ESSE』2016年3月号の「フライパンひとつで豚肉おかず」では、この「タラコ入り塩肉ジャガ」のほかにも、簡単でおいしいレシピをたくさんご紹介しています。 <撮影/山田耕司 取材/ESSE編集部>
Cxense Recommend widget
ESSE(エッセ) 2016年 03 月号

暮らしに役立つ女性のための生活情報誌




あなたにおすすめ