Lifestyle

夫の事故死を妄想!姑・舅との同居はストレスフルすぎた

田舎暮らし&姑・舅に問題が!



●美咲さん(32歳・ショップ経営)の証言

 9年前のできちゃった婚を機にアパレルの仕事を退職し、佐賀県のマンションに暮らす美咲さん。同い年の夫は義父と共に自営業を、美咲さんはアクセサリー店を経営。収入も安定している。

 だが、美咲さんは、「以前いた業界が派手だったせいもあって、田舎の地味さにウンザリしています。遊びに行く場所もないし、刺激のある友達もいません」と語った。そんな彼女に追い打ちをかける出来事が。

 夫の実家近くに購入したマンションで、姑と舅の問題行動が繰り返されているのだ。

「彼らはインターホンを押さず、特に姑は毎朝勝手に上がりこむ。洗濯物を自己流に干し直したり、私が料理している隣で監視したり、テレビをつけて居座ったり。痴呆ではなく、田舎独特の距離感みたいです」

 舅にはこんな問題が。

「私の家のベランダに自分の盆栽を飾ったり、勝手に室内犬を飼い始めたり。子供がお菓子をこぼしただけで激怒し、直後『トイザらスでおもちゃ買ってあげるからね』と媚びるんです。まるで、ヤクザが女をモノにするときのような怒り方で、子供が情緒不安定にならないか心配です」 夫のヘタレぶりにも辟易している。「夫は義父に仕事で世話になっているため、文句は一切言えないんです」

 そのうえ、夫は“片付けられない男”で、部屋を散らかし放題。姑に怒られるのは妻の美咲さんだ。「気分転換にと帰省を申し出ても、夫はケチで、『交通費がもったいない』からと、東京の実家にも帰してくれない。息抜きもできません」夫にも話を聞くと、「僕がだらしないのが悪いんです……」と言葉少なに頭を垂れた。

 八方塞がりの美咲さんだが、唯一の楽しみは、夫が事故死する妄想だ。「保険金4000万円が入ったら、東京でアパレルの仕事をしながらシングルマザーなんて、カッコよくないですか?」「夫の死後を想像して楽しんでいる主婦も多いですよ」という。もしかして貴女も……?

― 結婚生活[リアル満足度]白書【5】 ―




あなたにおすすめ