Gourmet

レンジでチンした野菜はなぜマズい?失敗しないコツ5

 コツさえ知れば、超カンタンで超おいしい。  最も便利な調理器具と言えば、「電子レンジ」。特に野菜を切ってチンすることって多いですよね。レンジ加熱は、栄養的にも都合がよく、「ゆでる」よりもビタミンCなどの流出を防ぐことができる優れモノ。しかし、上手に加熱できなくて困っていませんか? 温野菜 グニャグニャになる、焦げてしまう、火花が散る……など悲惨な話は数知れず。そこで今回は、レンジでおいしい温野菜を作る際のコツをご紹介します。

レンジでおいしいは実現できる! 5つのコツ

 まずはじめに、「電子レンジの仕組み」について超カンタンにご説明します。  電子レンジとは、電磁波の一種である「マイクロ波」がレンジ庫内に吐き出される調理家電のこと。マイクロ波が、野菜に含まれる水分子を刺激。刺激を受けた水分子は超高速に反転して熱を発生させ、野菜全体をあたためるという仕組みになっています。  野菜をおいしく加熱するためのポイントは2つ。 1.マイクロ波の特徴を理解すること。 2.加熱により生まれた蒸気を上手に逃がすこと。  では、具体的にコツをご紹介していきましょう。
次のページ 
電子レンジの●●部分に置かない
1
2
3
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ