Beauty

“糖質制限ダイエット”って結局、効果あるの?試した315人の結果は…

ダイエット中、2人に1人が体調不良に

 リバウンドも気になりますが、さらに気になるこんな事実が明らかになりました。  糖質オフ(制限)ダイエットの実践者315人のうち、159人(50.5%)が「ダイエットが原因で体調不良になった経験がある」と回答。実に、2人に1人がなにかしらの体調不良を感じていたということです。具体的には…… =========== Q.糖質オフ(制限)ダイエットでどのような体調の変化がありましたか (体調不良になった159人の回答、複数回答) ・集中力がなくなった(32.1%) ・頭がぼーっとするなど、無気力になった(30.2%) ・イライラしやすくなった(26.4%) ・肌がぼろぼろになった(15.7%)  など ============== ⇒【調査結果の詳細】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=492311 糖質制限ダイエットグラフ体調不良 こちらも、他のダイエット法と比べて不調が多いかはわかりません。ただ、”糖質を含む炭水化物(お米やパンなど)を減らしすぎると、脳が栄養不足になってボーッとする・集中力がなくなる”とは、よく指摘される話です。

自己流は危険。体調や体質を見極めて慎重に

 もともと、糖尿病の食事療法として始まった糖質制限。健康な人がダイエットとしてやるのは、医学的にも賛否両論があるそうで、長期的に続けたときの効果や安全性もよくわかっていないので、自己流でやりすぎないほうがいいでしょう。もちろん、炭水化物や甘いもののドカ食いをやめて、減らすぐらいならいいのでしょうが…。
糖質制限ダイエットご飯

お米だって、軽めの1杯~半杯ぐらいなら…

 ちなみに、ダイエットに成功した私の知人は、炭水化物の摂取量は減らすけど完全にゼロにはせず、運動もしっかりして、食べる順番にも気をつけていました。また、もともと炭水化物をガッツリ食べるほうではなかったので、糖質制限しても体調的に無理がなかったとのこと。  このように、自分の体調や体質をしっかり把握し、バランス良く取り組むことが、“ダイエットの極意”なのかもしれませんね。 <TEXT/青山文> 【調査概要】 1.調査の方法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施 2.調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、全国47都道府県の女性20~50代を対象に実施 3.有効回答数:1880名(20代~50代各年代:女性10名ずつ × 47都道府県) 4.調査実施日:2016年3月7日~8日
1
2




あなたにおすすめ