Lifestyle

楽しみナシ、ひとりきり…20代男性の年末年始が寒すぎる【調査で判明】

いよいよ今年も残すところ1ヶ月。この時期話題と言えば、年末年始の過ごし方ですよね。

フォートラベル株式会社の調査によれば、11月中旬の調査時点で「年末年始の予定が決まっている人」は83.1%、「決まっていない人」は16.9%であることがわかりました。最大で9連休にもなると言われている年末年始休暇ですが、予定が決まっていない人が2割……。あなたは8割組? それとも2割組?

年末年始の楽しみは「ひとつもない」が4人に1人



年末・年始 そんな年末年始休暇、楽しみにしていることは何ですか?

 株式会社クロスマーケティングが20~60代の男女1100人に調査したところ、20代・30代女性の楽しみ第1位は「ゆっくり休むこと」。

 確かに、日常の慌ただしさから逃れて思う存分のんびりできるのは、年末年始の醍醐味。ダラダラ過ごせることを心待ちにしている女性が多いようです。

 しかし男性陣は、ちょっと様子が違っています。なんと、20代男性の26.4%、30代男性の20.0%が「ひとつも楽しみはない」と回答しているのです! 繰り返します、「ひとつも、楽しみは、ない」! さてこのデータ、どう捉えますか?

 周囲の20代男性に、「このデータを見てどう思うか?」と聞いてみたところ…

「僕もまあ、そんな感じですね。実家ぐらしですけど、年末年始の楽しみとか計画は、特にないです。友達から連絡があれば飲みに行ったりするかもしれないし、なければ家でテレビ観たりして自堕落に過ごすか……」(25歳・独身、IT関係)

「僕はけっこう楽しみですけどね。毎年、実家に帰って、同世代の従兄弟たちと飲んだくれるのが楽しみで。『ひとつも楽しみナシ』って、思ったより、残念なヤツが多いんですね」(28歳・独身、出版社)

5人に1人は年末年始を「ひとりで過ごす」



 とはいえ、楽しみがなくても、当人たちは「残念」と思っていない可能性も。というのは、「理想の年末年始の過ごし方」自体が「特にない」という20代男性は22.7%もいるのです。また、年末年始に家族とも友人とも一緒に過ごさず、「ひとりで過ごす」という20代男性は19.7%。

 いずれも、他の世代よりかなり高い数字となっています。

 各項目を同じ人が選んだとは限りませんが、全体として見ると、楽しみナシ・理想ナシ・過ごす相手ナシの低体温な姿が浮かび上がってきます。

 もしかしたら、今思い浮かんだあの人やこの人も、「ひとつも楽しみはない」と思っている……かも、しれません。

 最大で9連休にもなる今年の年末年始休暇、「そのうちの1日くらい、私があなたの楽しみになってあげるわ」くらいの寒い気持ちで、当たって(砕けないことを祈って)みてもいいかもしれません。 <TEXT/高野萌奈>

<「2013-2014年 年末年始の過ごし方」調査概要>
・調査機関:フォートラベル株式会社
・調査期間:2013年11月8日-14日
・調査対象:有効回答数1252件

<「年末年始休暇に関する調査」調査概要>
・調査機関:株式会社クロス・マーケティング
・調査手法:インターネットリサーチ(クロス・マーケティングアンケートモニター使用)
・調査地域:一都三県、東北、九州
・調査対象:20~69歳の男女(10歳きざみで男性110人、女性110人ずつ)
・調査期間:2013年10月31~2013年11月4日
・有効回答者数:一都三県500サンプル、地方在住600サンプル




あなたにおすすめ