Entertainment
News

憎きベッキーの皮で作ったドレス!?全米を騒がす不倫劇のゆくえ

 5月2日にニューヨークで華々しく開催された「Met Gala(メットガラ)」。『Vogue』の編集長アナ・ウィンター主催で行われるこのイベントは「ファッション界のアカデミー賞」と呼ばれてはいるものの、着飾ったスターが賞を与えられるためのものではなく、チャリティ目的の実は真面目なパーティーです。

ビヨンセ

新アルバムで心境を吐露?(PHOTO / Laurence Agron)

 ただこれだけ大勢のスターが集まるのですから、 誰が1番オシャレだったかベスト&ワーストドレッサーを決めたくなるのは、セレブなパーティーに縁のない庶民としては避けられないところ。

 今年1番の話題になっているのはあの歌姫、ビヨンセ(34歳)。私生活のゴタゴタと発売されたばかりの新曲の歌詞が、当日着ていたドレスと悪い方向でシンクロし、ネット上でジョークにされてしまいました。

【ビヨンセのドレスをジョークにするツイッター】
⇒【Twitter】 https://twitter.com/ryancoffey1/status/727292021145260032


浮気相手は「美しい髪のベッキー」



 夫のジェイ・Z(46歳、ラッパー)の不在中、一人でメットガラに出席したビヨンセが着ていたのは、ジバンシーのスキンカラーのラテックスドレス。一体何がいけなかったのか?

『US Weekly』によるとそのヒントはビヨンセが4月末に突如リリースした、ショートムービーとセットになった全12曲のニューアルバム『レモネード』の中に隠されているのだとか。

 というのも、ショートムービー内の「Anger(怒り)」と名付けられたパートで、ジェイ・Zの浮気相手に怒るビヨンセの心境を思わせる「もしもあなたが望むなら、私は彼女の皮膚を身にまとうことができる。彼女の髪を頭にかぶり、手は手袋として使うわ」というホラーなフレーズが使われていたため。

 さらにアルバムには、恋人の浮気相手「美しい髪のベッキー」の存在に苦しむ女心を歌った『ソーリー』や、「あなたはそんじょそこらの女と結婚したわけじゃないのよ」と叫ぶように歌う『ドント・ハート・ユアセルフ』など意味深な新曲がズラリと並んでします。

 このすべてが合わさって、スキンカラーのドレスは「怒り狂ったビヨンセが(美しい髪の)ベッキーの皮を剥いで作ったもの!」という具合にツイッターで揶揄されることとなったのです。

次のページ 
騒動は「エレベーターの乱」から続いていた

1
2




あなたにおすすめ