Lifestyle

だるい、イラつく…それは貧血かも!日本は貧血大国だった

ダイエットで餓死寸前に

 そこに、若い女性がハマる無理なダイエットが加わると、危険な状態に追い込まれる。実際、高校時代に無理にやせようとしていた著者が体調を崩し、医者にかけこむと「餓死寸前です」と一言。  2013年の統計によると、20代女性の平均エネルギー摂取量は、終戦直後の1946年よりも少ないという結果すら出ている。知識不足のダイエットが食事のバランスを崩し、結果鉄分不足を加速させている現状が浮かび上がってきます。女性の社会進出をうながす一方で、健康状態へのケアが手つかずになっているというのですね。

簡単で太らない「海苔」を食べよう

 今のところ国も手を打たない状況で、私たちにできることといえば、普段から意識的に鉄分を多く含む食材を摂る以外になさそう。たとえば、レバー赤身の肉だったり、ほうれん草ナッツ類といったところは、よく知られているかもしれません。 海苔 それに加えて、著者が注目するのが海苔。以下は、知人夫婦の実体験です。 <奥様は妊娠してから、貧血がひどくなったそうです。鉄剤は吐き気を催させることが多いので、悪阻がひどいと、服用は難しくなります。 苦しむ奥さんを目の前に、どうすれば貧血が改善されるのかと必死に調べた際、海苔に鉄が多く含まれていることを知ったそうです。そして、青海苔をあらゆる料理に振りかけ、毎日摂取させるようにしました。 すると、奥様の貧血はみるみるうちに改善されたそうです。> (第十二章 何を食べ、どう気をつけるか?)
青海苔入りのオムレツ

たとえば青海苔入りのオムレツ。なかなか美味しそう

 しかしながら、勉強熱心なふつうの人が、いつもいつも正解にたどり着くわけではありません。だからこそ、国がガイドラインを設けておく必要があるのですが……。 “軽い不調”を未然に防ぐことを軽んじる社会に、果たして真の先進医療はあり得るのでしょうか。具体的な治療や大がかりな手術だけが、医療なのではない。本書の提言は、そうした当り前の事実を改めて思い起こさせてくれるのです。 <TEXT/比嘉静六>
1
2
Cxense Recommend widget
貧血大国・日本 放置されてきた国民病の原因と対策

女性の社会進出が加速し、出産の高齢化に拍車がかかるなか、貧血の問題を放置したままにしておくとどうなるか―。健康面への影響は―?世間であまり認知されていない貧血の実態、危険性、対処法など、これまで見過ごされてきた問題の現状を概観し、その対策を綴る。




あなたにおすすめ