Entertainment
News

辻希美アダルトサイト閲覧、田原俊彦チャック下りる【週間どうでもいいニュース5】

3、「夜回り先生、都知事選出馬の打診明かす」

http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/06/16/0009190842.shtml (デイリースポーツ 6月16日配信)  『白熱ライブ ビビット』(TBS系)で都知事選候補の話になり、聞かれてもいないのに「一人抜けてるよ。水谷修」と、打診があったことを告白してスタジオの失笑をかった“夜回り先生”。  確かに、ハッタリをかますのは大切です。けれども、必要以上に白熱する夜回り先生を見ていると、なんだか心配になってくるのです。ものすごくいい声で、ものすごく的外れなコメントをする。そのたびに、いつも以上に表情の固まる真矢みきが気になって気になって。
夜回り先生

この画像をクリックすると、Amazonのページにジャンプします

4、50歳のRIKACO、10代ジーンズまだ履ける♪

http://www.sanspo.com/geino/news/20160623/geo16062305010004-n1.html (サンケイスポーツ 6月23日配信)  人間、できればいつまでも若くいたいもの。「年齢なんてただの数字よ」と笑い飛ばしたい。だから、スリーサイズを維持する私を見てほしい―――。  スタイルブック『RIKACO’S BASIC』の出版記念イベントで「10代で買ったジーンズがまだ履ける」と言ったRIKACO。努力は報われました。  でも、記者には見えてしまっていたのかもしれません。肉体では隠せない、確実な老いが。♪のルンルン感に、“RIKACO=50歳”という事実が刻み込まれているのです。

5、天童よしみ、キャンドル作りで「皆さんに心のあかりを」

  http://www.oricon.co.jp/news/2073951/full/ (オリコンスタイル 6月24日配信)  新曲「女のあかり」ロングヒットを記念し、都内でオリジナルキャンドルを作ってみせた天童よしみ。  誰のためにもならないかわりに、誰かを傷つけることもない。笑えるわけでも、腹が立つわけでもない。キャンドル作りをする天童よしみは、この世で最もフラットな出来事のひとつかもしれません。 <TEXT/沢渡風太>
1
2
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ