Job&Money

「死体置き場みたい」ブラック飲食店のリアル

 飲食業界のブラックすぎる労働環境は、多くのメディアがとりあげている。それにもかかわらず、なぜか被害者は後を絶たない。そこで、ブラックバイトとして働いている学生たちに話を聞いた。

“地獄のシフト”にはまったら…



 大阪在住の学生Yさんは、実情をこう述べる。

「梅田にある4階建てビルの居酒屋で、サークルの先輩に誘われて今年4月からバイトを始めたんですが、ほとんど戦場です。社員は店長のみで、他はほぼ学生アルバイト。
 
 夜勤明けからそのまま昼勤という地獄のシフトにはまったスタッフは、店の空いてる階で寝て、翌日働くんです。店長は1週間のうち3、4日は泊まっていますよ。早く辞めたいんですが、代わりを連れてこないと辞められないルールらしくて……」

ブラックバイト

画像はイメージです

交通費と食費が勝手に天引きされる



 この手の“話が違う”労働環境は、首都圏の居酒屋でもよくあるようで、埼玉県の大学生Aさんは、不満タラタラだ。

「『時給1050円、交通費、まかない付き』とあったから応募して採用されたんです。なのに、1か月後の給料日に明細を見ると、交通費と食費の名目で2万円も引かれている。

 さらに時給換算するとどうにも安い。どういうことか聞いてみたら、『交通費とまかないを含めて1050円。試用期間中の2か月は交通費とまかないは本人負担扱いだから、その分を給料から引いた。試用期間中は時給が900円になる』と、当たり前のように言うんです。さすがに即日辞めました」

次のページ 
職場は死体置き場みたい

1
2




あなたにおすすめ