Job&Money

コンビニでビール買うのは損。1万3000円減らせた我が家の“お酒代節約術”

 こんにちは。ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢です。

 わが家は夏になると一気にビールの消費量が増えます。昨年は送料無料になる下限額や、1本あたりの金額を比較して通販サイト「LOHACO(ロハコ)」(http://lohaco.jp/)が比較的使いやすく安価だと思い箱買いをしていましたが、今年は違った試みをしています。

 アルコール代の節約はお酒好きにとっては頭を悩ませる課題です。

ビール

LOHACO利用、たまにノンアル→2600円の節約に



 わが家の場合、私はアルコールを飲みますが、夫は基本的にお酒を飲みません。ただ、夫も夏になるとお風呂上がりに炭酸飲料を飲みたくなるようで、私に付き合ってくれる意味も含めてノンアルコールビールが重宝しました。

 LOHACOを使ってビールは1缶195.7円、ノンアルコールビールは1缶112.3円で購入。7~9月でビール24本入りを2箱、ノンアルコールビール24本入りを3箱消費しました。

LOHACO

LOHACOはアスクルがヤフーの協力で運営する通販サイト。あらゆる日用品が安く買える http://lohaco.jp/

 昨年の節約ポイントは
・比較的便利で安価な購入先を探したこと
・1週間に7本(1日1本)と上限を決めて飲んだこと
・ビールではなくてもよい気分の時には私もノンアルコールビールを飲んだこと
でした。

 夫というより私が何も考えずにビールを飲んだ場合にお金がかかるため、昨年抑えることができた私の酒代を考えてみます。

==============
●コンビニで購入からLOHACO利用にすることで約1,600円の節約
1缶約230円→195.7円=約34.3円 48本飲んだので約34.3円×48本

●ビールをノンアルコールビールで代用する日を作ることで約1,000円の節約
ビール195.7円→ノンアルコールビール112.3円=83.4円
12本(3箱のうち0.5箱は私が消費)飲んだので83.4円×12本
===============

 それなりの量飲んでいますが、毎日コンビニで購入して本数制限なく飲んでいたら、もっとお金がかかっていたかもしれません。昨年はひと夏で合計約2,600円支出が抑えられたとも考えられます。

 ちなみに常備するのではなく都度買いする方が量そのものを減らせる場合も、もちろんあると思います。わが家の場合は、私がコンビニやスーパーに行く度にビールコーナーで立ち止まるので、夫に「その悩む時間を考えたら常備してしまう方が安上がりだ」と怒られてしまい、常備作戦を選ぶことになりました。

次のページ 
ボックスワインを活用して、さらに1万円節約

1
2

■お知らせ
(出演)スズキ presents ニコニコ生活講座 season2 #5
~「実質0円」廃止から半年、スマホ料金・通信費編~ 2016/08/10(水) 21:00~
http://live.nicovideo.jp/watch/lv265259940


その節約はキケンです――お金が貯まる人はなぜ家計簿をつけないのか

財形貯蓄、保険の見直し、ふるさと納税……
あの節約法に「落とし穴」があるなんて!
実は、ズボラな人ほど貯まります
3000人以上の資産分析でわかった!
あなたの節約法がうまくいかない本当の理由




あなたにおすすめ