Job&Money

セクハラを逆利用!女の出世バトル“そこまでやるか”実例集

 上司が女性という状況はもはや珍しくもなく、子供を育てながらもバリバリと働く女性が増えてきている今、女にとっても“出世”が自己実現のひとつになっています。

 そんな中「そこまでやる!?」と首を傾げたくなるほど、出世に全てを捧げた女性たちを紹介していきます。

OL

女性上司と女同士で手つなぎ出社……



「女同士で手をつないでいた」。これだけ聞けば、仲良しの間柄ならあり得なくもないと思うかもしれませんが、今回、紹介するケースは少し複雑です。

「同じ課の女の先輩は、人事権を握るAさんという女上司と頻繁に旅行に行っていました。さらに、独身のAさんの家から週4で出社しているという噂も聞いたことがあったんです。そんななか、手をつないで一緒に出社している姿を見てしまいました。その後、女の先輩はあっというまに出世していきました」(25歳・IT)

 男性上司に色目を使う、という話は聞いたことがありますが、このケースは、出世するために自分の性癖も変えてしまったということでしょうか? いや、本当にそういう性癖ならかまわないのですが。

出世のために整形まで



「社内のおじさんに気に入ってもらうために、整形手術をした同僚がいます。本人はあっけらかんとしていて、『見た目がいいほうが圧倒的に有利でしょ』と言ってました。実際、整形後は偉いおじさんたちからの覚えがよくなって、その子はマネジャーに昇格しました」(34歳・飲食)

 自分の身体を変えてまで出世をするという根性は、見上げたものかもしれません。

次のページ 
男性上司のセクハラ発言を記録して……

1
2




あなたにおすすめ