Lifestyle

スウェットで寝るのは絶対ダメ!パジャマ選びのコツとは?

快眠特集vol.4】

 人生のうち3分の1を占めるといわれる“睡眠時間”。当然、眠るときに着るパジャマや寝間着も人生の3分の1の時間着ていることになりますが「寝るだけだし、何でもいいや……」なんて思っている人も多いのでは?

「眠っているあいだは代謝や血行がゆるやかになるので、寝間着のゴムなどの締め付けが強すぎると血流などが滞り、体内の清掃活動の原因になってしまいます。さまざまな器官が休息をとる睡眠時間にこそ、着るものに気をつかっていただきたいです」

 そう語るのは、日本睡眠改善シニアインストラクターの安達直美さん。

安達直美

睡眠改善シニアインストラクター・安達直美さん

 また、睡眠時にキツめのゴムでウエストを締め付けると、小腸などの消化活動を妨げて便秘の原因になることも。

「もっとも気をつけていただきたいのは、寝間着の“締め付け”です。起きたときにお腹にゴムのあとがついていたら要注意。体への締め付けが強すぎる証拠です。たとえば、スウェットなどの“部屋着”として作られている服はゴムがキツく、睡眠には不向きといえます」

 見た目にはラクそうなスウェットも、ゴムがしっかり入っていれば締め付けが強いも同然ということ。それでは、眠りに適したパジャマとは一体どのようなものなのでしょうか?

次のページ 
眠りに適したパジャマ選びのコツ

1
2
美人をつくる「眠り」のレッスン

人は「眠り」でキレイになれる!心もカラダもキレイになるための「眠り」の習慣術。




あなたにおすすめ