とりあえず結婚する“とり婚”に賛否の嵐。しないと後悔する?

 とりあえず結婚する、“とり婚”が話題になっています。『 とりあえず結婚するという生き方 いま独身女性に考えてほしい50のこと。』(ヨシモトブックス)の著者・池内ひろ美さんは、3万5000件以上の夫婦・家族問題と向き合ったコンサルタントです。

結婚 池内さんによると、「先のことを憂うよりも、いい人がいたらとりあえず結婚するといい」とのこと。先日、この本について「ダ・ヴィンチ・ニュース」で記事を書いたところ、ネットで賛否両論の声が続々。

 まずはネット上でどんな声があったのか、見ていきましょう。

とり婚に賛成・反対、それぞれの意見は…



【とり婚・賛成派】
「踏み出すという点ではいいんじゃないかな。失敗したらやり直せばいいのよ」
「相手がだれとて結婚してもしなくても後悔するから、やらぬ後悔よりやる後悔!」
「経験しなくていいと思ってたけど、実際経験すると結婚も出産も育児もお金では買えない素晴らしい経験でした」

【とり婚・反対派】
「とりあえずだって!? 生まれて来る子供が最大の被害者って事を忘れるなよ?」
「とりあえずで結婚できたらみんなしてるよ」
「浅はかな考えで結婚し、子供を作ったが、完全に失敗だった。みんなが不幸な経験を積んでしまった」

【どちらとも言えない派】
「とりあえず結婚する相手がまずいるかどうかだよね…」
「理想が高すぎる人や選びすぎる人はそうすれば良いと思う。逆に誰でも良いって人や軽すぎる人は慎重に選んだ方が良いかと」

とりあえず結婚するという生き方

※画像をクリックすると、Amazonのページにジャンプします。

 ん~、まさに賛否両論です。それだけ結婚に対する意識が強いということでしょうか。

 筆者の周りの女性たちにも聞いてみました。

次ページ「とり婚しようにも、出会いがないんですけど」との悲鳴も

とりあえず結婚するという生き方 - いま独身女性に考えてほしい50のこと。

恋愛・結婚・再婚…3万5000件以上の夫婦・家族問題と向き合ったコンサルタントが語る、現代女性の結婚に対する価値観、その先にある生き方の提案。

37歳からの婚活
「結婚したいなら恋愛するな!」30歳から…
中島彩
ここまでする!? 3ヵ月で必ず結婚をつか…
年収1000万円の男と1カ月で出会い、6カ月で結婚する方法
頑張っているアラフォー女子こそ「惚れセン…
彼と心もカラダもトロけるほど深くつながりたい
気持ち良すぎてぐったり…中イキ&外イキで…
♂&♀
sponsored
将来が不安!!
貯金って将来いくら必要?男より頼れる「お…
sekuhara
女性→男性のセクハラにも要注意「酔った女…
▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse