Love

とりあえず結婚する“とり婚”に賛否の嵐。しないと後悔する?

女性たちに取材すると…こちらも賛否両論

●CASE1「とりあえず結婚してみたら幸せになった」(20代後半女性) 「昔から結婚願望が強く、30歳までに絶対結婚したかったので、なんとなく付き合っていた彼と、なんとなく結婚しました。優柔不断な彼で不安もあったけど、いざ結婚してみたらすごくしっかりした人で、惚れ直した感じです。結婚して本当に良かったと思っています」  彼女は絵に描いたような幸せな家庭を築いています。まさにとり婚の成功例と言えるでしょう。 ●CASE2「結婚できれば相手はだれでもよかった」(30代前半女性) 「とにかく結婚できればだれでもよかった。ただし、高スペックの人限定でしたけど(笑)。30歳前になって、週3日は合コン。3ヶ月で結婚すると決めていたので、3人の男性と同時にお付き合い。見事、一番年収の高い男性と結婚できました。正直、お金さえあればだれでもよかったので、結婚してよかったと思います」  かなりのツワモノです(笑)。昔から打算的なコだったのですが、ここまでとは…。もはや尊敬の域です。 結婚生活●CASE3「とり婚には賛成だけど、出会いがなさ過ぎる」(30代後半女性) 「とりあえずでもなんでも結婚したいですが、出会いがまったくありません…。ただでさえオクテなのに、将来のことを考えると、とり婚はムリだなと思います。出産も難しい年齢だし、“とりあえず”なんて軽く結婚するのは相手にも失礼かなと」  これが一番、切実な悩みではないでしょうか。「相手がいればすぐにでも結婚したい」という人は多いはず。本書の著者は婚活パーティーを薦めていますが、婚活パーティーに来るような男性とは結婚したくないような…(偏見?)。悩ましいところです。 ==============  私は未婚ですが、個人的には、とり婚に賛成です。反対派の意見も分かるけれど、将来のことを憂いてばかりだと、いつまで経っても結婚なんて出来ないですよね。だったらとりあえず結婚してみるのもアリかなと思います。 “とりあえず”という言葉にとらわれず、結婚を前向きに考えましょう、ということなのかもしれませんね。 <TEXT/尾崎ムギ子> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
尾崎ムギ子
体当たり系取材を得意とする赤毛の汗かきライター。東京生まれブルーハーツ育ち。ロックな奴はだいたい友達
1
2
Cxense Recommend widget
とりあえず結婚するという生き方 - いま独身女性に考えてほしい50のこと。

恋愛・結婚・再婚…3万5000件以上の夫婦・家族問題と向き合ったコンサルタントが語る、現代女性の結婚に対する価値観、その先にある生き方の提案。


あなたにおすすめ