Lifestyle

相手の年代別・スベらないカラオケの曲は?最強の鉄板はアノ歌

 会社の新年会や、友達同士の飲み会の2次会といえばカラオケ。そんなとき好感度を上げるにはどんな曲を歌えばいいのかなぁ? と悩んでいる方には便利なランキングが、カラオケメーカーの大手「JOYSOUND」から発表されました。

20~50代にわたる鉄板曲は「残酷な天使のテーゼ」



 このアンケートは、会員数900万人という同社のカラオケ・ソーシャルメディア「うたスキ」会員の歌唱履歴に基づいた年代別(10代~60代)の2013年・年間ランキング。

 ”自分らしい”ユニークな選曲もいいですが、みんな一緒に盛り上がれる人気曲もレパートリーに持っておくのが、大人のたしなみというものです。

 まずは20代、30代のランキングから。

<20代 年間ランキング>
1位 千本桜   WhiteFlame feat.初音ミク 
2位 紅蓮の弓矢(TVサイズver.)   Linked Horizon
3位 女々しくて   ゴールデンボンバー
4位 ライオン   May’n/中島愛
5位 マジLOVE1000%   ST☆RISH
6位 God knows…   涼宮ハルヒ(C.V.平野綾)
7位 残酷な天使のテーゼ   高橋洋子
8位 脳漿炸裂ガール    れるりり feat.初音ミク、GUMI
9位 only my railgun    flipSide
10位 コネクト   ClariS

<30代 年間ランキング>
1位 女々しくて   ゴールデンボンバー
2位 千本桜   WhiteFlame feat.初音ミク 
3位 紅蓮の弓矢(TVサイズver.)   Linked Horizon
4位 残酷な天使のテーゼ   高橋洋子
5位 Preserved Roses   T.M.Revolution×水樹奈々
6位 ライオン   May’n/中島愛
7位 ハナミズキ    一青窈
8位 恋するフォーチューンクッキー   AKB48
9位 only my railgun    flipSide
10位 コネクト   ClariS

 年間総合ランキング1位にも輝いたゴールデンボンバー「女々しくて」は男性の需要が多いと思われるのでさておき……

 まず目立つのは「初音ミク強し」という結果。また20代で7位、30代で4位という「残酷な天使のテーゼ」(ご存知『新世紀エヴァンゲリオン』のオープニング曲)が、古い曲にもかかわらず大健闘。全体的にアニメ系が人気というのが分かります。

 しかし“男性の気をひく”という点では、初音ミクは男性陣から意外に不評のよう。

「歌詞がアレなので、曲を知らない上司や同僚がキョトンとしている。あまり周囲に気を配れない人なのかな、という印象を持つ」(会計事務所・36歳)

「早いテンポで歌詞が続いていくので、曲の中盤あたりから息が続かずグダグダになるのがほとんど。歌詞も結構どぎついし、女性が歌っているのはあまり見たことがない。オタクな男子がよく歌うが、内心イラッと来る」(携帯販売・40歳)

 と一刀両断する意見も。

 その点「残酷な天使のテーゼ」については
「みんな知っている曲なので、一緒に歌って盛り上がれる」(会計事務所・36歳)、
「最後の高音の部分を一生懸命歌う感じは悪くない」(携帯販売・40歳)と好印象。

 後述する40代、50代のランキングでも上位なので、手堅く行くならこのあたりがいいかもしれません。

 意外だったのはAKB48が『恋するフォーチューンクッキー』1曲しかランクインしていないこと。

「女の子達が一緒に振り付けつきで歌ったりなど、グループで盛り上がる感じ」(営業・37歳)で、

 自分1人をターゲットに印象付けるには難しい点もありそうですが、

「AKBは男性も一緒に歌って違和感がないので、仲良くなれるキッカケとして選曲するのはいいのでは?」(編集・33歳)

 という意見もあり、何曲かを入れてみるのは良い作戦かもしれません。

40~50代相手なら「ハナミズキ」「雪の華」「天城越え」etc.



<40代 年間ランキング>
1位 残酷な天使のテーゼ   高橋洋子
2位 女々しくて    ゴールデンボンバー
3位 ハナミズキ    一青窈
4位 恋するフォーチューンクッキー   AKB48
5位 フレンズ   レベッカ
6位 千本桜   WhiteFlame feat.初音ミク
7位 雪の華   中島美嘉
8位 栄光の架橋   ゆず
9位 紅蓮の弓矢(TVサイズver.)   Linked Horizon
10位 ライオン   May’n/中島愛

<50代 年間ランキング >
1位 ハナミズキ    一青窈
2位 残酷な天使のテーゼ   高橋洋子
3位 天城越え   石川さゆり
4位 女々しくて   ゴールデンボンバー
5位 津軽海峡冬景色   石川さゆり
6位 栄光の架橋   ゆず
7位 また君に恋してる   坂本冬美
8位 恋するフォーチューンクッキー   AKB48
9位 異邦人   久保田早紀
10位 涙そうそう   夏川りみ

 40代、50代のランキングを見ると、世代間ギャップと言うべきか、ランキングも激変。相手への想いや恋の感情をしっとりと歌い上げる曲が続々とランキング入りしています。

「中島美嘉の『雪の華』を感情込めて歌われるとグッとくる」(自営・42歳)
「『天城越え』をちゃんと歌える女性には大人っぽさを感じちゃいますね」(営業・44歳)

 など男性陣からも好評のよう。年上狙いなら歌唱力を磨いて挑戦する価値はありそうです。

 ランキングを分析すると、カラオケで一緒に歌ったり、相手に聞かせるなどして仲良くなる、という考え方が浸透しているのは30代後半以降で、20代までは自分の好きな曲を自由に歌う、というスタイルの違いが出てきているのかも。

 そのあたりでターゲットの年齢に合わせて戦略を変える必要が出てきているのかもしれませんね。

<調査概要>
JOYSOUND(株)
調査方法:JOYSOUNDシリーズ・UGAシリーズを総合した「うたスキ」会員の歌唱履歴を積算
調査期間:2013年1月1日~2013年11月30日

<TEXT/関谷知生 PHOTO/Doreen Salcher>




あなたにおすすめ