Beauty

「美人」に勝つ方法!男心をソソる「うるつや美肌」の作り方とは?

 古今東西美人の基準は数あれど、「美肌」がモテ要素であることは昔から変わらないものです。ガサガサの頬・ガサガサの髪・ガサガサのボディよりも、うるつやな頬・うるつやな髪・うるつやなボディのほうがソソるのは自明の理。
求愛 女子SPA!緊急男子リサーチでもこんな声がありました。

「肌がきれいだと、ついつい触れたくなる……」



 男性たちには、やはりすっぴん美人が圧倒的に人気。

「厚化粧で粉を吹いている感じはちょっと……」(31才・自営業)、
「つやっぽい肌だと、思わず頬ずりしたくなる(笑)。触り心地や抱き心地まで想像する」(28才・建設)、
「同じレベルの顔なら肌がきれいなほうがいい。むしろ肌が汚い美人より(肌が)きれいな小ブスくらいのほうが」(34才・マスコミ)、
「肌や髪がきれいだと若く見える」(34才・団体職員)、
「かわいい子と思ったのに、翌朝化粧を落としたときのしみやしわを見てオバサンくさいと思った」(32才・メーカー営業)

 等々手厳しい意見が続出……。やっぱり美肌は女の武器、いやケアしなければモテ道危うしな気配です。

 じゃあ一体どうすれば? 美肌になるための方法も今の時代たくさんありますが、愛用者が続々と増えているのが「プラセンタ」です

プラセンタ,美肌,美容 しわやたるみ、しみが気になる、髪のボリュームがなくなってきた、ファンデのノリが悪くなってきた、外からのケアだけでは物足りない……。年齢とともにそう感じる人が多くなりますが、これらをケアするのにプラセンタはぴったりなんです。

 プラセンタとは、哺乳動物が赤ちゃんを育てるときにつくる胎盤のこと。「万能の臓器」ともいわれ、全身を若々しく保つ栄養素がぎゅっと凝縮されています。昨今はプラセンタ点滴、注射、ドリンクにサプリメントなどがたくさん出ていてその効果は美肌を目指す人たちも実感済みなんですね。

体の内側から変えなきゃダメ



 筆者も看護師をしている美肌の友人にすすめられプラセンタを摂取していましたが、ファンデのノリが日に日に違ってくるのがわかりました。なんだか肌がもっちり、しっとりするんです。それに風邪を引くことが少なくなり、激務のときにも頻繁にお世話になりました。

そんなプラセンタを手軽に摂取するには、やっぱりサプリ。なかでも、売上No.1のプラセンタサプリと言えば『プラセンタ100』です。

 iVoCE月間ランキングのサプリ・飲料部門(2013年9月実績)で1位を獲得し、市井紗耶香さんも愛用していたり、有名美容ブロガーたちが集うAmebaGGのイベントでもかなり話題になっていたので、もうご存知の方も多いですよね。

市井紗耶香

市井紗耶香さんも愛用中

『プラセンタ100』にはエイジングケアの強い味方である、ヒアルロン酸・コラーゲン・各種ビタミン・各種アミノ酸等が豊富に自然含有されています。

 50kgからわずか1kgしかとれない高濃度プラセンタを1粒にぎゅぎゅっと凝縮。この濃さが、実感力のヒミツなんですね!

 美容のプロや芸能人が愛用しているのもうなずけます。もちろん、徹底したトレーサビリティ(生産地証明制度)による厳しい基準をクリアしたプラセンタのみを使用しています。

 しかも今ならこの『プラセンタ100』がたっぷり約1週間分、74%OFFでお得に試せるとか。内側からのケアは続けることが大事、トライあるのみです。

<TEXT/ありまみほ>

【ありまみほ】
三十路子持ちライター。30代向けファッション誌等で執筆中のほか、別名で占い師としてもひそかに活動し現在2誌に連載中。




あなたにおすすめ