Gourmet

弁当売り場のパスタはヤメ!冷凍パスタ、お店級においしい5選

 ピカールもいいけど、日本もスゴイ。

冷凍パスタボロネーゼ フランスの冷凍食品「ピカール」がますます人気のようですが、日本の冷凍食品の進化ぶりもスゴイことになっています。

 中でも目を見張るのが、「冷凍パスタ」。100円台から買えるリーズナブルさとは裏腹に、プロ顔負けのハイレベル商品がたくさん登場しています。

 そこで今回は、最強の時短イタリアン「冷凍パスタ」の魅力と、絶品! 極ウマ5品を厳選してご紹介します。

冷凍パスタの3大魅力とは?



1)出来たてが楽しめる

冷凍パスタ中身  冷凍パスタは、レンジ加熱で「仕上げ」となるよう、具材・ソース・麺がそれぞれ絶妙に計算されて加工・冷凍されています。つまり、チン後はプリップリの「作りたて」が完成しているということ! 弁当コーナーに並ぶパスタとは一線を画すおいしさです。

2)麺・ソースがレストラン級

冷凍パスタ中身アップ 種類を見てみると、「ミートソース」や「ナポリタン」といった王道系はもちろんのこと、「クアトロフォルマッジ」や「アメリケーヌソース」といったように、レストランで出てくるようなテイストの商品が登場。また、麺のバリエーションも豊富で、生麺や形状の珍しい乾麺まで楽しめます。

3)カップ麺よりも塩分が少ない

冷凍パスタ塩分 先日、カップヌードルが塩分量を2020年までに15%削減すると発表しましたが、現状の4.8gはかなりの高塩分。それに比べると、冷凍パスタは3g前後。塩分が気になってカップ麺を控えている人には、一つの選択肢として良いかもしれません。

※その他カップ麺の食塩相当量
スーパーカップ鶏ガラ醤油⇒7.6g
ペヤング焼きそば⇒3.6g

 さあ、それでは本題へ。現在発売中の冷凍パスタ商品をひたすら実食、本当においしかった5商品を厳選してご紹介します。

次のページ 
冷蔵庫に常備したい!おいしかった冷凍パスタ5つ

1
2
あなたにおすすめ