Entertainment

シュワちゃん&スタローン“ズッ友”ランチでディスった相手は次期大統領?

常にベストファイターを応援! スタローンの政治観

 一方、どの党の候補かではなく「勝負では常にベストファイターが勝つべきだ」という独特の政治観を持つスタローンは共和党員ではないものの、2008年にはオバマ大統領の対立候補だった共和党代表のジョン・マケインを支持。
シルヴェスター・スタローン

シルヴェスター・スタローン(C)Starstock |

『Variety』のインタビューに答え、「シュワちゃんの後を追って政治家になろうと考えたこともあったが、妻に一笑に付されて実現には至らなかった」と話していたことから、政界進出に関心のあるスターだとされています。  そんなスタローンも直近の大統領選では「トランプは偉大な人物だ」としながらも、「でも、彼が国を治める姿は想像できないね(笑)」とトランプを軽くディスる発言をしていました。  今回、トランプからのオファーを断った理由は「芸術支援よりも退役軍人たちの支援事業に興味があるため」と発表していますが、果たして彼の本心は?  図らずもトランプと仕事することになった盟友シュワちゃんとのランチで、スタローンは一体何を語ったのか。次期大統領への愚痴?それとも……? Source: 『Daily Mail』http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-4052026/Sylvester-Stallone-meets-Apprentice-replacement-Arnold-Schwarzenegger-turning-job-Donald-s-administration.html?ito=social-facebook 『Variety』http://variety.com/2016/film/news/sylvester-stallone-donald-trump-1201675595/ <テキスト/橘 エコ> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 【橘エコ】 アメリカ在住のアラフォー・ブロガー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。ハリウッド最新映画レビューやゴシップ情報などのほか、アメリカ女子を定点観測してはその実情をブログで発信中。WEBマガジン「milkik」では「アメかじシネマ」「愉快なアメリカ女子」を連載中(http://milkik.com/
橘エコ
アメリカ在住のアラフォー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。ゴシップ情報やアメリカ現地の様子を定点観測してはその実情を発信中。
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ