Entertainment
Lifestyle

「タラレバ娘」に「逃げ恥」も!なぜドラマヒロインは“年をサバ読む”のか?

<みきーるの女子マインド学>

 1月18日から、吉高由里子さん主演ドラマ「東京タラレバ娘」(日テレ系)が始まります。吉高さん演じる倫子は、30歳の売れない脚本家。でもこの“倫子”、原作では33歳なのです。

「東京タラレバ娘」

「東京タラレバ娘」日本テレビ公式サイトより http://www.ntv.co.jp/tarareba/

「タラレバ娘」だけでなく、昨年大ヒットした「逃げ恥」で石田ゆり子さんが演じた“百合ちゃん”も、ドラマでは49歳で原作では52歳。

 また、2014年に綾瀬はるかさんが主演した「きょうは会社休みます」でも、ドラマの“花笑”は30歳ですが、原作では33歳。

 なぜ、マンガ原作のヒロインたちは、ドラマでは“年をサバ読む”のでしょうか?

ドラマでは先にキャストが決まるから…?



 女性たちに聞いてみると、「マンガならいいけど、結局テレビだと若いほうがいいからだと思う」、「あまり年の差のある恋愛を描いても、嘘っぽくなるから」ではないか、といった意見がありました。

およそ2ヶ月半前、わたしの誕生日の日。 思えばこの日から、このインスタも始まった。 逃げ恥の3話の撮影中。葡萄狩りのときの私たち。 ついこのあいだのことのようでもあり とても昔のことのようでもあります。 撮影が終わり、放送も打ち上げも終わりみんなで労を讃えあって解散。 私たちの仕事は どんなに仲良くなっても 数ヶ月後にはかならず解散という運命をいつも背負っている。 切ないけれど でもわたしは、この淀みなく次へ進む仕組みにとても救われている。 淀まず止まらず。 これはわたしの座右の銘です。 ほんとうにありがとうございました。

石田ゆり子さん(@yuriyuri1003)が投稿した写真 –


 そこで、テレビに詳しいライター・てれびのスキマさんに伺うと、
「そのあたりの実情は全然分からないんですが、多くの場合、キャストの確保優先で後から原作が決まるという制作体制の弊害なんじゃないでしょうか。想像でしかないですが……」とのコメントをくださいました。

 なるほど、先にキャストが決まり、役者に合わせて“主人公はアラサー”というようにあてはめていくからかもしれませんね。そして、アラサーならアラサーで、なるべく女優さんの実年齢に寄せていくから……ということでしょうか。

 ちなみに、吉高由里子さんは28歳、石田ゆり子さんは47歳、綾瀬はるかさんは29歳(撮影当時)です。実年齢はもっと若いのに、役年齢の印象がついてしまうことも、あまり好まれないのかもしれません。

次のページ 
実生活でもみんな“サバ読み”経験あり!?

1
2
大人のSMAP論

2016年12月31日、とうとうSMAPが解散する。「SMAP解散」のニュースはNHKで速報として流され、解散報道を受けての「謝罪生会見」は瞬間最高37%超の視聴率を記録。一アイドルグループの解散が国民的関心事となる“異常事態”となった。ジャニーズの“落ちこぼれ”といわれたグループは、なぜ「国民的アイドル」になり得たのか?気鋭の評論家・速水健朗氏、偏執的なテレビウォッチャーとして知られる戸部田誠氏(てれびのスキマ)、“ジャニヲタ・エバンジェリスト”みきーる氏の3人が、革命的アイドルの「奇跡」と「偉業」を語り尽くす。これぞ大人も納得、「SMAP論」の決定版!




あなたにおすすめ