Entertainment

「直虎」は第4話まで子役が主役。でも見応えアリ!【日曜ドラマ】

スナイパー小林の2017冬ドラマ評 日曜編1】

 2017年の冬ドラマが始まった。今回は日曜夜放送のドラマにフィーチャーしていくのだけど、21時放送枠はTBSのキムタクVSフジの小雪、果たしてどちらに軍配が? そして新年1月といえばそう、大河も新たにスタート。今回の女性ヒロインは吉と出るか……。

旬の“女性リーダー”が大河の主役に



おんな城主 直虎

「おんな城主 直虎」公式サイトより http://www.nhk.or.jp/naotora/

●おんな城主 直虎
NHK総合 日曜20時~
主演:柴咲コウ

 舞台は1544年の遠江の国・井伊谷(現在の静岡県浜松市)。井伊家当主の元に生まれたおとわ(新井美羽・子役)は、いいなずけと結婚できないなら、とわずか9歳で出家。尼さんの身分でありながら色恋沙汰も経験し、後に家督を継いで女城主・直虎となる。男の武将として戦にまで出て行くことになる彼女の勇ましい生涯が描かれる。

 大河では第4話まで主役は子役。この原稿を書いている今もまだ柴咲コウは登場していないのだけど、それでも子役の演技が可愛らしくて、見ごたえは十分だ。偶然にも今は民進党の代表に蓮舫、東京都知事に小池百合子と、女性リーダーが活躍中。直虎が掟破りのアイデアで自分の意思を貫き、井伊家をどんな風に引っ張っていくのかが楽しみだ。

 今回の舞台となった遠江の国は私の出身地なのだが、正直に言うと、「井伊直虎なんて歴史で勉強したっけ?」と存在を知らなかった……。でもこのドラマを通して地元が盛大な大河特需にあやかれるのかも、同時に見守りたい。

次のページ 
小雪ママの姿がなんだかリアル

1
2




あなたにおすすめ