Entertainment

香里奈の無表情、木村多江の薄幸さに釘づけ【木曜ドラマ】

スナイパー小林の2017冬ドラマ評 木曜編】

 2017年の冬ドラマが始まった。全作品視聴のうえ、ライターのスナイパー小林が勝手に評価、放送曜日ごとに紹介していく。あくまでも主観をぶっ通していくので、多少の本音が見えてもお目こぼしを……。まずは人の“本音”が炸裂していく2作品がそろった木曜日からどうぞ。

木村多江の薄幸さが本気を出してきた



就活家族 ~きっと、うまくいく~

「就活家族 ~きっと、うまくいく~」公式サイトより http://www.tv-asahi.co.jp/shukatsukazoku/

●就活家族~きっと、うまくいく~
テレビ朝日 木曜21時~
出演:三浦友和、黒木瞳、前田敦子

 富川家は、全員がそれぞれに家族には言えない悩みを抱えている。大手鉄鋼メーカーの人事部長をする父・洋輔(三浦友和)は社内で問題を抱え、厳しい立場に立たされている。ちゃっかり者でOLの長女・栞(前田敦子)は仕事でのセクハラに悩み、就活中の長男・光(工藤阿須加)はなかなか内定先が決まらない。そして高校教師の母・未希(黒木瞳)も何かを抱えていそうな気配……。

 就活にリストラにセクハラ。現代のサラリーマン事情がいろいろ拝める内容だ。

 第一話で洋輔が取引先の銀行頭取の横暴な息子を怒鳴り散らして、彼を改心させるシーンがあった。「え、このまま正義は勝つ、みたいな面白くもなんともない展開?」と思ったら、最後には社内の内部告発によって、洋輔はセクハラの疑いをかけられてしまう。問題の投げかけがうまいなーと思ったら、脚本は「華麗なる一族(TBS/2007年放送)」の橋本裕志さん……納得! 絶品!

 自分の事情でリストラ候補に入ってしまった川村優子(木村多江)が、洋輔にジリジリと詰め寄っていく展開もいい。ひさびさに木村多江の薄幸さが本気を出してきた感じがする。そして黒木瞳の息子は“光”っていう名前が多いのは偶然か。「魔女の条件(TBS/1999年放送)」 で息子役のタッキーの名前も光だったことを思い出したよ。

次のページ 
香里奈の無表情、どこまで続く

1
2




あなたにおすすめ