Beauty

GEN NUDEのリップで上品なヌード唇に♪【ベアミネラル】

 こんにちは、美容エディターの石山照実です。  ここのところ、キレイ色のリップが主流でした。かくいう私も、キレイ色、特に赤リップとか、フーシャピンクのリップが新鮮で、ココイチの夜のお出かけや、カジュアルな服装の時には好んでつけています。

オフィスの朝にはやっぱりベージュピンク…

 ところが最近の80年代ブームに乗っかって、いろんなところで真っ赤な唇、さらには一世を風靡したピンクの口紅をやたら見かけるようになりました。お笑いのあの人もあの人も…。  いや、確かにそういうメークや服装ってわかりやすいですものね。あんまり赤い唇だとそっちを連想してしまうのは私だけじゃないはず。
GEN NUDE  LIPGLOSS

GEN NUDE LIPGLOSS

 少し赤い唇のマイブームも落ち着いてきたなあ、なんて思っていた時、2月に発売になった、ベアミネラルのGEN NUDE(ジェン ヌード、GENは「遺伝子」の意)のリップとグロスを取り出して何気なく使ってみたところ、その潤いに納得、そして肌馴染みの良い発色に心が落ち着くのを感じてしまいました。オフィスの朝にはやっぱりベージュピンクなんですね…。  今回は全アイテム合わせてなんと40色が登場したのですが、いずれも使いやすい色味ばかり。ベアミネラルのホームページに行くと、質問からぴったりの色を見つけてくれるリップカラー診断もあるので、ぜひ参考にして。  とはいえ、たくさんある中で、どれがオススメかしら???  と考えていたところ、ちょうど売れ筋人気ランキングが発表されていたので、皆さんにご紹介しますね。  下の写真、左から人気順になっています(ランキングは2017.2.28時点のものです)。 ベアミネラル

ベアミネラルのGEN NUDE 人気ベスト5

1位 ラディエント リップスティックXOX 昨年から続く赤リップブームの中でも、肌から浮かない程よい赤みと、透明感が引き出されるような美肌補正力に人気が集まっているそう。 xox2位 ラディエント リップスティックPANKO 深みのあるウォームレッド。黄みのある発色が、日本人の肌によく似合うと評判。人気のレッド系は、浮かないようにつけるのが鉄則。 panko2位 リップグロス SNARKY グロスの人気トップはこのスナーキー。単独ではもちろん、リップの上に重ね使いするときも相性を問わない、ニュートラルなローズピンク。2位のパンコと同率です。 SNARKY 4位 ラディエント リップスティックHEAVEN ヌードでありながら、さりげなく華のあるベージュピンク。誰からも好感を持たれること請け合いです。 HEAVEN 5位 ラディエント リップスティック KITTY 上のヘブンと比べ、やや温かみのあるウォームベージュ。唇をふっくらと見せてくれるクリーミィで艶やかな仕上がりにうっとり。 kitty6位 BORDERLINE リップライナーの一番人気はやっぱりピンク系。その名の通り、唇と肌の境界となる中間カラーで、ラインが浮くことがなくしっくりとおさまります。 BORDERLINE どの理由もうなづけるものばかり。主張しすぎることなく肌馴染みが良いのでデイリーに使えます。

2位SNARKYと4位HEAVENをセットでプレゼント

 こんな使える色の中から、相性と組み合わせを考えて、日本人に合いやすい2位のSNARKYと4位のHEAVENをセットにして5名様にプレゼントいたします。 ===================== 応募締切:4月19日(水)23:59 応募方法: 1. 女子SPA!の公式ツイッターをフォロー 2. この記事のツイートをリツイートしてください。これで応募完了!  締め切り後に抽選を行い、当選した方にはダイレクトメッセージ(DM)でご連絡して送付先等を伺います。 ※DMを受け取れる設定にしておいてください。 ※抽選前にフォローをはずすと対象からはずれてしまうのでご注意ください。 ※当選者から頂いた個人情報は、プレゼント送付以外の目的では使用致しません。 =====================  優しいピンクベージュのセットだから、単独でも重ねても女らしく、かつエレガントな雰囲気を醸し出してくれます。発色だけでなく、そのクリーミイな質感と潤いもぜひ味わってくださいね。  オフィスリップが欲しいなら、肌にピッタリ合う色を見つけて、今までにないヌーディメイクを楽しんで! ※ベアミネラル http://www.bareminerals.jp/ ジェン ヌード ラディエント リップスティック 全12色 各¥3,000(税抜) ジェン ヌード リップグロス 全12色 各¥2,800(税抜) ジェン ヌード リップライナー 全4色 各¥2,500(税抜) <TEXT/石山照実> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 【石山照実】 美容編集者。四半世紀におよぶ小学館での経験を生かし、恵比寿にてセルフブランディングフォトの撮れる写真スタジオをオープン。撮影だけでなく、「5歳若く見えるファンデーション選び」4月15日、「朝活ヨガ」4月16日など、幅広いライフスタイルを提案中。 https://annaphoto.jp/
石山照実
小学館で『美的』『CanCam』等に編集者として長年携わった後、美容編集プロダクションbeautyeditor.jpを立ち上げる。2015年、働く人のビジネスをブランディングしサポートするプロフィール写真専門スタジオ「アンナフォト」を恵比寿にオープン。既に500人以上を撮影し、コンサル&メイクレッスンも開催
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ