Beauty

本気で美しく変われる人とは?ミス・ユニバースのトレーナーに聞く

 2017年のミス・ユニバース・ジャパンファイナリスト47名が決まり、最終調整をするべくトータル・ワークアウト渋谷店に集結しました(3月15日)。それぞれが地方大会の代表として勝ち進んできており、7月の日本大会でグランプリが決まると、いよいよ世界大会を目指します。

2017 ミス・ユニバース・ジャパンのファイナリストたち

2017 ミス・ユニバース・ジャパンのファイナリストたち

世界で通用する美しさとは「表現力」



 本番まで約3ヶ月。世界を目指す彼女たちの仕上げとなるトレーニングを指導するのは、ミス・ユニバース・ジャパンのオフィシャルトレーナーであり、トータル・ワークアウトプレミアムマネジメント株式会社の代表取締役社長&パーソナル・トレーナーである池澤智さん。食事法からストレッチ、トレーニングまで丁寧に教え込みました。

池澤考案のカラダを整える新プログラム“Body Tuning”にて

池澤考案のカラダを整える新プログラム“Body Tuning”にて

 自己流に美しくなってきたファイナリストたち、これからは池澤さんの指導のもと、正しいボディメイクに挑みます。

 それにしても、すでに完成されている彼女たち、「我こそは」と言わんばかりにお互いをライバルとして意識しているのでしょう。すごい空気を感じます。これから、彼女たちはどのように変わっていくのでしょうか?

池澤智さん

池澤智さん

「毎年そうですが、最初の時点では誰がグランプリになるのかはまったく読めませんね。今の彼女たちは現時点ではとても美しいと思います。でも目指すべき頂点は世界です。日本人が憧れるスレンダーなカラダは世界では迫力に欠け、世界に通用しないこともあります。

 とはいえ、決して背が高くてバランスのいい女性が有利ということではなく、ミス・ユニバースの場合は表現力が勝負です。いかに自分を魅力的に表現できるか、この差は約1ヶ月後で大きく出てきます」(池澤さん)

 容姿や身長、足の長さは関係ないようです。池澤さんによると「2012年のミス・ユニバースで優勝したアメリカ代表のオリビア・カルポさんは170センチと、決して高くはない身長でしたが、表現力で圧倒的だったそうです。

トータル・ワークアウトでトレーニング指導を受けるファイナリスト

トータル・ワークアウトでトレーニング指導を受けるファイナリスト


次のページ 
普通の人のダイエットにも共通するルールとは

1
2
あなたにおすすめ