Lifestyle

「気がついたら隣に知らない男が…」飲み過ぎた男女の悲劇

たもちん恋愛ニュース34
― 人気コラムニスト“たもちん”こと田母神智子の恋愛コラム ―

 少し前の話なんですが、2013年の年末のある日、前日一緒に飲んでいた知り合いの女の子から「今まで警察にいて、いろいろバタバタしてたんだよね」と連絡が来た。

たも「警察? なんかあったの?」
友達「起きたら、知らない男が隣にいてさ」

 そのときは深くは聞かなかったけど、そんなことってあるんだってゾッとしちゃいました。起きたら自分の部屋に知らない男がいるなんて、私なら失神しちゃうかもしれない。

「知らない男」は留置場行き……



 そして、年が明けて、またその女子に会う機会があったので「大丈夫だった?」と聞きました。起きたら知らない男がいたから「警察呼ぶ」って騒いだら、逆に「不法侵入で訴えてやる」って言われたから通報して、それから2人で警察に行ったというのです。

 そこで、私は気付きました。家というのは、彼女の家ではなく、その男性の家だったというわけです。そりゃあ、起きたら知らない男性がいるはずです(笑)。

 彼女自身全く記憶がなくて、どうしてその男性の家に行くことになったのか、全く覚えていないと言ってました。きっと酔っ払って、フラフラ歩いているところをナンパでもされてそのままついて行ってしまったのでしょう。あくまでも予想ですが。現に私とバイバイする前に、相当飲んで泥酔していました。

 しかし、全く記憶がないため、本人は連れ去られたとでも思ったのでしょう。その男性も男性ですが、その女子にも原因はあると思いました。こういうことって、よくあるのでしょうか。

 よく、泥酔したところをヤラれてしまった、という事件がありますが、自分の足で帰れなくなるぐらい酔っ払う女子もどうなのかと思いました。あと、「何もしないから俺の家に来なよ!」と言われ、鵜呑みにして行っちゃったらヤラれて、怒ってる女のコっていますよね。あれもどうかと思います。

 話がそれてしまいましたが、何が言いたいかと言うと、自分の身は自分で守りましょうってことです。あっ、すみません、なんでこんな偉そうなこと言ってるんだろう(苦笑)。

 ちなみに、その女子の話だと、その男性はいまだに留置所にいるとのこと。その場にいた女友達全員で「訴えるのやめろ!」って言いました。

「アンタ、そんなことしたらバチが当たるよ」ってマジで怒りました。そうしたら次の日、警察に行って示談にしてきたみたいなので安心しました。

 本当のことはわかりません。もしかしたら本当に無理矢理連れ去られたのかもしれないし。でも、そうじゃなかったとして、もしそれなのに逮捕されてしまったら、、その男性は会社もクビになるだろうし、人生めちゃめちゃですよね。

 痴漢していないのに逮捕されてしまったとかそういう話も聞きます。男性も何かと大変ですね。注意してくださいね!女のコも酔いすぎには注意しましょうね!

<TEXT/たもちん  PHOTO/Piotr Marcinski>

★たもちんへの質問大募集!★
恋愛関係に限らず、たもちんに聞いてみたいことや悩み相談などはこちらへ⇒https://joshi-spa.jp/inquiry
※件名には「たもちん恋愛ニュース」と記載してください。なお、いただいたご質問は、当連載にて採用させていただくことがございます。ご了承ください

【田母神智子】
たもがみともこ。1986年5月22日生まれ。ギャル雑誌でカリスマ読者モデルとして活躍後、現在は恋愛コラムニストとして活躍。著書に『iS THIS LOVE?』(ミリオン出版)、「女子モンダイ」(アスペクト)。愛称は“たもちん” 。ブログ「たもの人生エラーだらけ…

女子モンダイ

すべての女子が抱えるモンダイ定義がココにある!!




あなたにおすすめ